野党、内閣不信任案提出へ


Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40
野党、内閣不信任案提出へ
参院選を控えた近年の通常国会での内閣不信任決議案  立憲民主、国民民主、共産など野党5党派が内閣不信任決議案を提出する方針を固めたのは、安倍晋三首相が衆参同日選を見送る意向を公明党に伝えたことで、不信任案提出が衆院解散を誘発する懸念は小さくなり、提出の環境が整ったと判断したからだ。
立憲の枝野幸男代表は21日朝、インターネットの「切り札」である不信任案提出の判断は事実上、野党第1党党首の枝野氏に委ねられており、野党5党派は最終的に党首会談で決める段取りを描いている。
5党派がこの日参院に提出した問責決議案は、可決しても不信任決議のような法的拘束力はない。野党内に「今、解散されたら衆院選の準備が間に合わない」(国民幹部)との懸念があったため不信任案提出には慎重だった。しかし、首相の「同日選見送り」の意向を受け、不信任案提出の流れが加速。
24日に党首会談の前段となる幹事長・書記局長会談をセットした。不信任案を巡っては野党内で「出しても意味がない。もう参院選に専念すべきだ」(国民関係者)という消極論と、「出さないと参院選を戦えない」(国民の榛葉賀津也参院幹事長)との積極論が交錯。
枝野氏は一時、「解散がなさそうだから不信任を出すと思われるのはしゃく」と提出見送りを示唆した。しかし、提出を促す声は会期末を前に高まっていた。参院選を前に高まっていた。
野田佳彦前首相は20日の記者会見で「戦いの火ぶたを切るために、なぜこの政権を倒さなければならないか明確に言うことには意義がある」と強調した。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要
⇒楽天市場で関連商品を探す
野党、内閣不信任案提出へ
⇒amazonで関連書籍を探す

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP