速報甲子園 金足農vs.近江

速報甲子園 金足農vs.近江
「第100回全国高校野球選手権・準々決勝、日大三3-2下関国際」(18日、甲子園球場) 【写真】敵味方関係なくコールドスプレー…大阪桐蔭・俵藤に甲子園が拍手  日大三(西東京)が鮮やかな逆転勝ち。
いずれも初球打ちが奏功し、連打で無死二、三塁。さらに代打・佐藤英雄(2年)も初球を捉え、中前へ同点の2点適時打。3者連続の初球打ちで、試合を振り出しに戻した。
さらに、2死三塁から主将の日置航内野手(3年)が一塁強襲の適時打を放ち、逆転に成功した。マウンドでは2番手の河村唯人投手(3年)を救援し、三回から登板。
7回1失点の好投で、勝利に貢献した。下関国際(山口)は大黒柱の鶴田克樹投手(3年)が強力打線を相手に六回まで無安打投球。だが、八回に力尽き、初の4強進出はならなかった。
日大三・小倉監督「途中はノーヒットノーランかな、と心配していたが、よく選手がつないだ。鶴田君の低めの変化球と、力のあるストレート。的を絞れず、何て指示したらと思っていた。」
でも最後の最後であきらめずにやってくれた。全部初球、(打撃は)思い切りなんですね。よくやってくれました」日大三・日置「どんな形でも、何が何でもという気持ちでした。
「頼むからグローブを弾いてくれと。その後はあまり覚えていません」。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 速報甲子園 金足農vs.近江

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

使用キーワード: 速報甲子園 金足農 近江

使用代替キーワード:

Menu

HOME

TOP