#生理の意識変える 企業の挑戦

生理の意識変える 企業の挑戦
「#NoBagForMeプロジェクト」のメンバー。
タレントの菅本裕子さんら、SNSで若い世代に人気の「インフルエンサー」をプロジェクトメンバーに迎え、生理のイメージを一新させようと挑む。
ツイッターやインスタグラムでそれぞれ数万~数十万人のフォロワーがいる。熱心に話し合っていたのは、「タンポン」の包装デザインだ。プロジェクトで掲げられた「NoBagForMe(袋は不要です)」は、生理用品を買う際に入れられる袋を断る言葉。
「恥ずかしいもの」というイメージを払拭(ふっしょく)することで、体調不良を誰にも言えず我慢するなどの生理中のストレスを軽減したいという願いを込めた。一方、「袋なしで持ち歩くのはやっぱり恥ずかしい」という声も根強い。生理用品だとわかりにくいおしゃれなパッケージをデザインすることで、買ったり持ち歩いたりするハードルを下げようと試みる。
菅本さんの涙の理由生理や女性の体に関する正しい知識をSNSやブログを通じて発信していくこともプロジェクトの一つ。6日のミーティングでタンポンや初経教育の話題になった際、「ゆうこす」の愛称で人気の菅本さんが、突然ぽろぽろと涙をこぼし始めた。アイドル時代、仕事で初めてタンポンを使わなければならなくなり、恐怖でパニックに陥ったことを思い出したという。
「水泳部の活動で使わなければいけない子もいる。その前に(正しい知識や使い方を)知って、嫌な思いをする子が減ったらいいよね」。ハヤカワさんがそう応じた。
ウェブメディア編集長の塩谷さんは今年4月、子宮内膜症の診断を受けたとSNSで公表。多くのフォロワーから「実は私も」という反応があったという。「原因を知ることで気が楽になるし、適切に対処できればつらさも半減する。
「知ること、伝えることの大切さを感じた」と語る。
「女性も男性もごきげんに過ごせる社会に」生理を巡っては、ハヤカワさんが今月、生理用品のセレクトショップをオープンさせるなど、新しい取り組みが続く。
1961年に現在のような使い捨てナプキンが発売されて以降、各メーカーが品質を向上させてきたという。田中さんは「性能自体はもう十分に進化した。生理用品の「扱い方」や「生理観」という残った課題を変革していこうとしているのが現在だ」と話す。
ユニ・チャームのブランドマネジャー、長井千香子さんは「生理だけじゃなく、女性も男性もごきげんに過ごせる社会を目指したい」と話した。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要
⇒楽天市場で関連商品を探す
生理の意識変える 企業の挑戦
⇒amazonで関連書籍を探す

twitterの反応

てぬ @tenusan02

生理になった時、さっきまでまあまあ普通に過ごしてたのに血を見た瞬間「ああ…そういえばなんか今日しんどかった気がする…あっなんかしんどくなってきた…」とか感じてくるし正直まだ先だと思ってたくせに「なんか今日来る気してたんだよな…」とか思い始める

ゆか @yukkannn

月一で夫の不機嫌=育児放棄期間が来るのでこれは生理なんだと思うことにした。 育児放棄されるとこちらも体力的にしんどいので実家に帰るんだけど、ちょうど花火大会だったから見てきた🤗

Yahoo!!@相互フォロー @urns7496

生理前の7日間は、吹き出物(大人ニキビ)ができやすく紫外線にも過敏でシミ、そばかすもできやすい。 肌だけでなく心もイライラしがちになる。 そんな時は、糖分やカリウム、マグネシウム、ビタミンB6などビタミンやミネラルをバランス良く含むバナナを食べると効果的。

もえぴー 【ウオタミ💜ダマタミ】 @MoeHibiki

「生理のことツイートするのやめろ」とか言ってくるやつたまにいるんだけどさ、なんなの?そりゃあ少しは不快な思いさせるかもしれないけど、生理のことツイートして同じ思いしてる人と気持ちの共有することすら許して貰えないの?どうせ生理の辛さなんて全く知らんのやろ?

ぴょんぬ @JXDr03Jpuwwrqz3

看護学校に入って一番面白かった話するね。生理が2ヶ月近くこなくて、妊娠したかもしれない、しかも誰の子かわからんって子がいたんよ。そしたらある日泣きそうな顔で走りながら教室入ってきて、「やっと生理きた〜😭」ってナプキンをとりにきた時クラス中がよかっね!!って拍手した時だよね。


Menu

HOME

TOP