#ワークマンプラス 続く快進撃

ワークマンプラス 続く快進撃
2018年に登場した「ワークマンプラス」  作業着大手「ワークマン」の快進撃が止まらない。
一号店と同じように新店でも、商品を購入するためにレジに行列ができたり、駐車場にクルマを停めるために渋滞が起きたりした。【画像】お客が殺到ワークマンプラスの店内を見るワークマンプラスに行ったことがない、見たこともない、聞いたこともないという人に、簡単に紹介しよう。
「一方のプラスは同じ会社が運営しているけれども、違う商品を扱っているのね」と思われたかもしれないが、プラスで扱っている店もある)で、一般の人でも入りやすいムードが漂っている。
会社の決算をみると、「好調」である。2019年3月期のチェーン全店売上高は前期比167増の930億3900万円で、営業利益・経常利益・純利益もすべて20を上回った。ワークマンプラスの売上高も「計画比の2~3倍で推移していて、今後の新規出店はすべて「ワークマンプラス」にする」(担当者)という。
社名が「ワークマンプラス」になってしまいそうなほどスピード感のある決断だが、本当に大丈夫なのか。繰り返しになるが、新業態をオープンしてまだ1年も経っていないのである。なんとなくノリで決めましたではなく、「ウチはこれでやっていける」といった何かをつかんでいるはず。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済
⇒楽天市場で関連商品を探す
ワークマンプラス 続く快進撃
⇒amazonで関連書籍を探す

twitterの反応

ぱっぱらぴー(相互フォロー頑張る犬) @pa_pa_ra

NEWS 『ワークマンプラス 続く快進撃』なぜ作業着大手「ワークマン」の快進撃が止まらないのか。常務取締役に話を聞いた。


Menu

HOME

TOP