大谷翔平 2度の走塁死を反省

大谷翔平 2度の走塁死を反省
6回、三塁でタッチアウトになる大谷(ロイター) ◆ツインズ4―3エンゼルス(14日、ミネソタ・ターゲットフィールド)  エンゼルス・大谷翔平投手(24)が14日(日本時間15日)、敵地でのツインズ戦に「3番・指名打者」でスタメン出場。
判断を迷ったことがミスにつながった。1点を追う8回には同点のランナーとして、グッドウィンの中前安打で二塁から一気に本塁を狙った。快足を飛ばして、ホームにスライディング。
ツインズ中堅手・バクストンからのノーバウンド送球でクロスプレーとなったが、タッチアウトとなった。本塁付近で接触があったため、捕手・ガーバーは立ち上がれずにうずくまっていると、大谷が心配そう気遣って近寄る場面もあった。ガーバーはその後、スタッフの肩を借りてベンチに戻った。
オープン戦やマイナー戦などの実戦を経ずに復帰した大谷。打撃はライブBP(同僚投手を相手にしたフリー打撃)を50打席以上こなしたが、走塁は実戦の中でこなせなかったこともあり、昨季からのブランクも大きい。大谷は「走塁というか、スタートだったり、リードだったりそういう細かいところはまだ見直す必要があると思っています。」
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 大谷翔平 2度の走塁死を反省

twitterの反応

ぱっぱらぴー(相互フォロー頑張る犬) @pa_pa_ra

NEWS 『大谷翔平 2度の走塁死を反省』エンゼルス・大谷がツインズ戦に「3番・指名打者」でスタメン出場し、4打数3安打1打点で初の猛打賞を記録…

Menu

HOME

TOP