日銀 政策修正で委員ら割れる


Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 37
日銀 政策修正で委員ら割れる
日本銀行は8日、緩和策の副作用を軽くする政策修正に踏み切った7月30~31日の金融政策決定会合の「主な意見」を公表した。
一方、目標である物価上昇率2の実現性を高めるためにも「物価の動向が弱い今は、コミットメント(約束)を導入したが、対立する意見をまとめるため、金利の変動を容認する一方で低金利の維持を約束するという「玉虫色」の決定に至った模様だ。「総需要やインフレ期待を刺激し、金融緩和が長期化することを食い止める観点から設計することが重要」と現行案では不十分だとする意見もあった。
さらに「政策の枠組みに見直しの余地がないか、真摯(しんし)に点検を続けていくことが肝要」、「効果と副作用という二つの異なる時間軸の双方を複眼的に捉え、柔軟な対応を図ることが重要」などと、今後も副作用軽減のための政策修正があり得ることを示唆する意見も複数出た。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 日銀 政策修正で委員ら割れる

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP