政府批判し取材中に連行 中国


Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40
政府批判し取材中に連行 中国
【AFP=時事】中国政府を批判する公開書簡を先月発表した山東大学(Shandong University)の元教授、孫文広(Sun Wenguang)氏が、米国営ラジオ放送局ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の番組に電話取材で出演中、自宅に押し入ってきた治安当局者に連行された。
「私には言論の自由がある」というのが、孫氏の最後の言葉だった。中国では、習近平(XiJinping)国家主席の個人崇拝を積極的に推進する共産党が批判的な人の弾圧を強めており、それが生放送で浮き彫りになったかたちだ。VOAによると孫氏は先月、習主席のアフリカ訪問に合わせ、アフリカでの中国のばらまき外交を批判する公開書簡を発表していた。
この公開書簡はインターネット上でも確認できるが、AFP独自の事実確認はできていない。孫氏は番組の中で、治安当局者に向かって「私の言っていることを聞け。間違っているか」と問いかけた。
さらに「国民は貧しい。アフリカに金をばらまくのはやめよう」「こんなふうに金を浪費するのは、わが国や社会にとって無益だ」と侵入者たちに呼び掛けたところで、通信は途絶えた。【翻訳編集】AFPBBNews。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 国際 政府批判し取材中に連行 中国

twitterの反応

品川正二【日教組&反日教育に反対】 @OoVm4RU4ml1QnjN

おいおい、政府批判の時とえらい態度が違うじゃないか。 なんで都合が悪いと逃げていくんだ? 立憲民主党は、いつも通りでいいんだよ。 「議員の人権侵害を許すなー!」 「帰化公開なんて許さない!」 「ヘイトスピーチするなー!」 俺は福山幹事長にはこういう発言をしてほしいと思うけどな。

gardenscape @gardenscape8

福建省アモイ市で開かれた見本市の中国アモイ国際石材展覧会に参加したトルコ人4人が脱税容疑で、中国の警察により滞在先のホテルから連行されました。中国問題に詳しいトルコ人専門家はウイグル人に対する政策を批判しているトルコ政府への報復との見方を示してい…

北海の大和 @YAMATO_21st

「文政府、脱北者と接触して対北朝鮮批判を保留するように圧力」(中央日報日本語版) - Y!ニュース

丹野 成子 @saltseiko

本日の参院予算委。倉林議員は、高齢者の貧困が拡大している実態を示し、政府がすすめる年金削減政策を厳しく批判。「高齢者や現役世代にとって『減らない年金、頼れる年金』に転換してこそ、年金制度への信頼を取り戻すことができる」と述べ、最低保障年金の導…

鴨鹿白菜 @FFqpn

文在寅 脱北者 と接触して対 北朝鮮 批判を保留するように圧力 一部の脱北者には文在寅政府の対北朝鮮宥和政策を批判する講演に参加しないように求めた…北朝鮮 金正恩 の スポークスマ…

蓮華 @pepper72

韓国裁判所 慰安婦「公示送達」裁判を再開. 全ての責任は朝日新聞吉田証言。 朝日に対する日本政府の甘い対応。他のマスコミも報道の自由とかで朝日批判は無し。政府もハッキリと世界中に存在する売春婦だと真実を言えばいいものを、へんに人道的立場で売春…

ユスラウメ @yusuraume529

0314知る権利 頑張れメデイア マスコミ関係労組による官邸前抗議集会 「会見は国民の知る権利を実践する場だ。政権にとって都合のいい広報の場と化していないか」と、政府の姿勢を批判した。 …

笑うに笑えないジョークbot @yot001_bot

北朝鮮のお母さん「日本国では堂々と日本政府の批判が出来るのに・・・」 北朝鮮の政治局員「わが国でも堂々と日本政府の批判が出来ますよ」(d26iomyI)

橫濱市民@野黨は國民投票に備へろ @yokohamashiminr

たしかに。 なぜ労連が、というのも違和感があった。 官邸も問題だが、マスコミそれ自体も問題なのだ。 本来の使命を見失っていないのか。 政府を射る矢も弱いが、自己批判の矢を自らひく時だ。

Menu

HOME

TOP