広島に大敗 阪神のほころび

広島に大敗 阪神のほころび
前夜のヒーロー中谷が一転、痛恨のタイムリーエラー(写真は資料・黒田史夫)  “小さな綻び”が発端だった。
問題は打てない打線ではなく2回の中谷の失策だろう。2回二死一、三塁で、打席には投手の床田だった。床田は打球を叩きつけた。
高いバウンドのゴロ。つっこんできた中谷はグラブに当てて弾いた。慌てて拾い上げて一塁へ送るが、カバーした岩貞への送球がとんでもない悪送球になった。
痛恨のダブルエラーで簡単に先制点を献上してしまったのである。これは防ぐことのできた失点である。「中谷・一塁」というオプションは昨年もあった。
キャンプのノックでは一塁にも入っていた。だが、本職ではない。今の阪神には少のミスを打撃でカバーする余裕はない。
昨日、代打アーチでチームを勝利に導いた中谷を使いたいという矢野監督の気持ちは十分に理解できる。だが、守備面でのリスクを回避するのならば、本職のセンター起用だったのではなかったか。本来防ぐべき失点を防げなかったのだから得点力のない阪神が勝つための条件は揃わない。
“小さな綻び”は初回の攻撃にもあった。8試合目にして初めて1番で起用した近本が、床田の立ち上がりにフルカウントからの9球目。
明らかな高めのボール球に手を出してファウルにしたのだ。見送ればボール。本来ならば四球で歩きコントロールに苦しむ床田の立ち上がりにプレッシャーをかけられたはずが、結局、内野ゴロに終わって床田を助けた。
この打席で近本は、5球目のストレートもインハイのボール球を振ってファウルにしていた。左対左。慣れない球筋に戸惑ったのかもしれない。
だが、ひとつの打席で3球もボール球を振るプロはなかなか見かけない。1番・近本の構想は、たった4試合で、早に崩したのだから、彼の連続起用にこだわる必要はなかっただろう。キャンプでは上本に三塁を守らせていた。
ならば左腕の床田に対して「センター・中谷」、「一塁・大山」、「三塁・上本」と右を3人並べる選択肢はなかったか。上本は代打でタイムリーを放っているが、スタメンで使うべき存在だっただろう。これなら中谷の守備のリスクも減る。
打撃に集中できる環境も作れた。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ 広島に大敗 阪神のほころび

twitterの反応

プロ野球大好き @yakyu89loue

今日は眠いから結果だけ 広島8-5DeNA 巨人7-4ヤクルト 中日4-2阪神 ロッテ6-5西武 楽天6-2オリックス 日ハム5-1ソフトバンク 広島連敗11で止まる ソフトバンクが大敗する波乱の後半戦

足なんとか @AshijiruP

そらみんな大激怒よ 巨人2点リードの9回表、ノーアウト一二塁からのエラーでノーアウト満塁になって、そこから阪神に11点も取られて大敗してるからな それがあってか福井は翌年に広島に1000円で放出されたぞ (誤植ネタ)

Menu

HOME

TOP