逆流性食道炎の診断方法は問診や内視鏡検査などが基本です

これらは逆流性食道炎の予防対策でもあります

若い人に逆流性食道炎が起こる原因の一つは、「便秘」によって腹圧が高まることです。お腹が張っている時、胃は腸からの圧迫を受け、食道への逆流が起こりやすい状況になるのです。常習性便秘症の人の約10%に逆流性食道炎が見られ、慢性的な便秘によって常にお腹が張った状態になると、若い人でも逆流性食道炎が起こりやすいことがわかっています。
また、脂肪分の多い食事をすると、十二指腸からコレシストキニンというホルモンが分泌され、下部食道括約筋がゆるんだり、胃酸が増えたりします。これは、脂肪がほかの栄養素に比べて消化に負担がかかるからです。そのため、脂肪分の多い食事を好んで食べる人にも、逆流性食道炎が起こりやすくなります。

逆流性食道炎は胃の中で食物を消化する胃酸や、胃で消化される途中の食物が食道に逆流して食道の中にとどまるために、酸に弱い食道の粘膜が胃酸によって炎症を起こし、びらん(ただれ)や潰瘍を起こす病気です。

逆流性食道炎の原因としては加齢などによる胃の入り口(噴門部)の胃液逆流防止機能の低下が重要で、食道裂孔ヘルニア(図2。横隔膜で食道が貫通している部分が弛緩し胃の一部が胸部に脱出すること)のある場合は特に起こりやすいと考えられます。その他にも肥満や内臓脂肪の増加による腹腔内部の圧上昇、過食、喫煙、飲酒なども誘因として挙げられます。

バレット食道からの発がんを抑制する有効な方法も現時点ではありません。
バレット食道がんの早期発見のためには、特に胸やけなどの逆流性食道炎の症状のある方はまず内視鏡検査を受けていただくこと、内視鏡検査でバレット食道を診断すること、そしてバレット食道と診断された場合は定期的に内視鏡検査を受けることが重要と考えられます。

また、腹部の圧力が高まりがちで、食道裂孔ヘルニアになりやすい肥満も逆流性食道炎に関係しているとされています。

最近日本では逆流性食道炎が増加傾向にあるといわれていますが、その逆流性食道炎と関連が深いバレット食道という病気をご存知でしょうか。

通常、食道の粘膜は扁平上皮、胃や腸は円柱上皮という粘膜に覆われています。逆流性食道炎などで炎症を起こして傷害された食道の扁平上皮が、胃から連続して胃と同じ円柱上皮で置き換えられたものをバレット粘膜(図1)、バレット粘膜が存在する食道をバレット食道といい、食道がんに対してリスクが高いといわれています。

逆流性食道炎の診断方法は問診や内視鏡検査などが基本です。問診では「QUEST問診表」という7項目の質問により、回答の合計点数で診断します。内視鏡検査は上部消化管内視鏡を口か鼻から入れ、モニターで食道の粘膜の状態をチェックする検査で、この技術の進歩によって、より精度の高い診断ができるようになりました。

これらは逆流性食道炎の予防対策でもあります。ただ、度が過ぎるとストレスの原因にもなりかねませんので、それほど神経質になる必要はありません。バランスの良い食事と適度な運動を心掛け、肥満にならないように気をつける程度でよいと思います。

逆流性食道炎の症状は、日常生活の改善だけでも緩和されることがあります。暴飲暴食、早食い、食後すぐに横になることは、逆流性食道炎にとっては三大悪です。以下に具体的な注意点を挙げます。

おすすめ記事

関連記事

介護者が前傾姿勢や中腰になって行うため 腰痛になりやすい作業です
その種目はヘルニアの状態に応じて適用される場合があります
発達性吃音の特徴として 以下のようなことが知られています
2)内科的治療(薬物治療)
逆流性食道炎の直接の原因は胃酸です
脱毛器ケノンの写真付レビューを見る
3
以下の項目に該当する場合は 多汗症の可能性があります
逆流性食道炎の症状は 次のようなものです
著者は 視力回復トレーニングの第一人者である中川和宏さん
noimage
高血圧は脳卒中や心臓病のリスクを高めます
自律神経失調症は男性よりも女性に多く見られる病気です
AGA治療の相談ができる病医院をご案内しています
いわゆる腰痛症と呼ばれるものはこれにあたります
腰痛の主な原因は脊椎と骨盤です

Menu

HOME

TOP