彼は吃音者だったのだ

吃音にはいくつかの代表的な症状があります

だが、それには理由があった。彼は吃音者だったのだ。「だから、あの人はあまり他の職人さんと交流を持たないのだ」と、私も母から聞いていた。

………とはいえ、頭ではわかっていても実践出来ないのが人間であり、吃音者の性である。
しかし、そういった思考が出来ないからといって悩んでしまうのは、むしろ悪化の一途を辿るばかりなのだ。
自分に合わないと思ったら、その時点でそういった考えを捨てることは、吃音の悪化を未然に防ぐことになる。

平田:コミュニケーションは、基本的にパターンや文化に根ざしたマナーの部分が大きいと考えています。何らかの形で適応できていく部分がほとんどなので、そんなにたいしたことではない。例えば、自閉症の方は記憶力が高い場合が多いので、コミュニケーションを全部パターンで記憶して対応している人もいます。吃音に限らず、障がいを持っていると、新しい環境に置かれたとき適応に時間がかかりますが、できないわけではない。障がいがなくても(新しい環境が)苦手な人はたくさんいます。

確かに言われてみればそうなのだが、私のイメージする吃音といえば「連発」しかなかったからだ。つまり日常生活を続けていくうえで、「吃音は3種ある」などということを意識する機会はなかったということだ。

また、前述のように、「絶対的に改善する吃音解消術」といったような詐欺まがいのことをやっている輩が未だ存在するという、悲しい事実もあることもまた確か。
基本的に健康保険が利きづらいというのも、吃音の解消を望む当事者にとっては不幸な現実である。。そのため病院で治療しようとすると10万20万と決して安くはない治療費を請求されてしまうこともしばしば。
あげくにそれでまったく効果がなかったら金の無駄である。

これまで日本では、発症率など吃音の実態調査がほとんど行われておらず、治療のガイドラインもなかった。2016年から同センターなどが共同でこれらの研究に取り組んでおり、2018年度内にガイドラインが作成される予定だ。

吃音は、流暢に話すことが難しく、口ごもったり、途中で話を休止したりすることを特徴とする障害です。子どものうちに発症する場合は「小児期発症流暢症」または「小児期発症流暢障害」と言われます。

よって、前述のように押し付けは良くないことだとはいえ、合理的に言えば改善への一番の近道は「吃音そのものを気にしない」ことに尽きるのである。
言葉を噛んだりすることは誰にでもあることであり、それで深く思いつめる必要はない。そして相手も、自分達が思っているほどにそれを気にしてはいないのだ。

吃音にはいくつかの代表的な症状があります。

短い会話や挨拶においても、最初にちゃんと息を吸わず、慌てて話すために吃音が発生し、言葉に詰まってしまう。
「○○さんおはようございます 今日も良い天気ですね」と、あまり余裕のない話し方だと高い確率で症状が出るので、まず頭の中に文章を浮かべたら、句読点を打ちながらゆっくり話してみよう。

おすすめ記事

関連記事

ツインバード ハンディアイロン
多汗症の治療では 漢方薬が使われることもあります
高血圧治療の目的は 心血管病を予防して死亡も減少させることです
noimage
腰痛持ちの方は ぜひ続けてみてください!
noimage
首のヘルニアの症状は 突然出る
生活習慣の修正による高血圧の治療には限界があります
「アスペルガー症候群」は発達障害の一つです
noimage
noimage
チェンさんは 見た目にはほとんど分からない「隠れ吃音」タイプの方
腰痛の要因になりやすい介護業務について解説します
本の体裁にもよく表れているように 吃音はどこか謎めいた現象である
以上のことに気をつけて 逆流性食道炎の予防に努めましょう

Menu

HOME

TOP