薄毛治療と医療脱毛のどちらも行いたい方には大変お得なセットです

薄毛治療と医療脱毛のどちらも行いたい方には大変お得なセットです

そして、この男性ホルモンが引き起こす薄毛こそが、多くの男性を悩ます「男性型脱毛症」だ。

分娩後脱毛症(産後の薄毛)
妊娠中、女性ホルモンが一気に増加します。
それが妊娠後期にはエストロゲン(卵胞ホルモン:排卵の準備を行うホルモン)などの分泌が変化することによって脱毛が促進されると考えられています。また、出産前の胎児が急成長することによる栄養不足が原因ともいわれています。ただし産後半年~1年ほどで自然に症状が治まる場合もあり、他の種類の抜け毛や脱毛症とは異なる類型です。分娩後脱毛症については、あまり心配する必要がないという医師もいます。

また、注目されてきたのが女性の薄毛だ。グラフからもわかるとおり、40代から薄毛に悩む人は一気に増え、男性と同程度になっている。

佐藤先生が、数あるデータベースの中から印象的な症例を教えてくれた。それは、ある一卵性双生児を診察したときのことだ。

「高校を卒業するまでは実家に同居していて、大学進学で別々に暮らし始めた。そこからは就職、結婚とそれぞれの道を歩んでいるので、生活環境やストレスの要因は異なります。でも、同じように薄毛になって、一緒に診察に来られたのです」

そのときの2人は、同じように薄毛に悩みながらも、毛量に若干の違いがあった。なぜかと思い問診をする中で分かったことは、2人の性格の違い。片やズボラで髪の毛にも無頓着。もう一人は育毛剤を試したり、頭皮をたたいて刺激したりと薄毛に対して神経質な対処をしていたという。

「初診の段階で髪の毛が多かったのは無頓着な性格の方。もう一人は、髪の毛に対して過剰な、そして不適切な治療をすると進行が早まるという典型的な例でしたね。だから自分自身では何もしない方がいいんです。育毛剤や育毛シャンプーなどはあまり意味を成しえませんから。そして最初にお話ししたように、原因は遺伝。受け継いでしまったら、きっとどこかのタイミングで始まります。そこで、まずは『プロペシア』を飲めばいいのではないでしょうか」

自分の薄毛の原因を知るためにも、抜け毛が気になるときには一度病院で診察を受けるのがおすすめですが、病院の選び方には注意が必要です。本当に治療が必要かどうかや、効果が得られる治療法などは、その方の薄毛の原因によって違います。
薄毛の治療にはいろいろな方法がありますが、原因や体調などを考えて治療を始めないと、期待しているような効果が得られないことがあるため注意をしましょう。

ミノキシジルを6ヶ月以上継続している方は、医療脱毛の都度払いプランが半額なります。薄毛治療と医療脱毛のどちらも行いたい方には大変お得なセットです。

実のところ、「ストレス」だけで薄毛になるという科学的な証拠は確立していません。
しかし、ストレスが自立神経にもたらす影響が薄毛の原因となると考えられます。人間は大きなストレスを受けると、交感神経が過剰に緊張し、血液がどろどろになって血行が悪くなってしまいます。血液が髪へ栄養を運ぶので、その血液がうまく運ばれなくなると発毛が妨げられ、薄毛の原因となります。また、ストレスを感じると交感神経が刺激されて興奮状態となり、ホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンを必要以上に分泌してしまいます。男性ホルモンは皮脂の分泌を促すので、余分な皮脂が毛穴に詰まって角栓となり、薄毛の症状を加速させてしまいます。

しかし、これがうまくいかなくなると太く育つための「成長期」を途中で終えてしまい、「退行期」「休止期」にすぐに入ってしまうのだ。
そのため、太い髪が減ってスカスカに見えてしまう上、だんだんと毛が生える土台が痩せてしまうのが”薄毛”の正体だ。

さて、この超音波ブルブルマシーンが発売されるのは楽しみに待つとして、薄毛ケアを今すぐ始めたいという方には、日本医科大学形成外科・ヘアメディカルグループの共同研究結果から生まれた、頭皮マッサージ法がある。

今回わかったのは、「振動圧刺激が薄毛治療に効果がある」ということ。
髪が生えてくる根っこの部分には「新しい髪を生やそう」というシグナルを出す「毛乳頭細胞」があって、この細胞が活性化していると髪の成長サイクルが正しく行われ、健康な髪が育つのだという。
実験では、ヒトの毛乳頭細胞に超音波でブルブル…と振動圧を与えたところ、何もしない時に比べて約1.3倍細胞が活性化した。
つまり、頭に刺激を与えると「髪を生やせ!」という命令が発信されるということがわかったのだ。

もともと、マッサージで血行が良くなると、髪にも栄養が行きわたって良い、ということはわかっていたものの、単に「血行促進=発毛効果」ということは疑問視する声もあったのだという。
しかし、今回の実験によって「刺激による血行促進」ではなく、「刺激そのもの」が細胞に働きかけ、発毛に効果的だということがわかったのだ。

おすすめ記事

関連記事

薄毛は 病院や専門機関で治療を受けることができます
noimage

薄毛

noimage
noimage
薄毛に悩む人は約4200万人
noimage
薄毛対策で最初にするべきことは現状把握です
noimage
noimage
髪の悩みの代表として 抜け毛や薄毛があります
noimage
普段の食生活を改善するだけで 薄毛が改善する場合もあります
noimage
「薄毛の原因は大きく分けて4つあります
noimage

Menu

HOME

TOP