まとめてポータル

ネットで話題のニュースとみんなの反応

しかし 男性以外でも女性の中でも薄毛に悩む方は少なくありません

薄毛の悩みと言うと どうしても中年男性を想像してしまいがちです

女性の薄毛を引き起こしている元凶の多くは、ホルモンバランスの乱れによるものです。まずは日常的な要因について考えてみましょう。

多少の発毛作用はありますが、効率的に髪を増やすのであればミノキシジルとの併用がおすすめです。お互い作用機序が違いますから効果が強く出すぎて副作用が起きやすくなるという危険はありません。とても相性のいい育毛剤なので、薄毛改善には必須の組み合わせと言ってもいいでしょう。

女性の薄毛の原因と考えられるものを挙げてみました。

出産後、女性はホルモンバランスが大きく変化するため、産後2〜3カ月で一気に薄毛になる場合があります。これを「分娩後脱毛症」といいます。徐々にホルモンバランスは正常化して行くので、出産後半年〜1年程度で脱毛症は回復する場合が多いとされています。

そのほか、過度なパーマやカラーリング、紫外線によるダメージの蓄積は、髪の毛のダメージを蓄積するので女性の薄毛につながる場合があります。

薄毛とは、頭髪の量が減って地肌が見えてしまう状態です。本数は変わらないまま毛が細くなる場合と、抜け落ちて本数そのものが減ってしまう場合があります。髪の本数を平均約10万本として計算すると、1日に50本から100本は自然に脱毛していると考えられますが、150本以上の状態が続くようなら、病的な抜け毛(異常脱毛)といえるでしょう。
薄毛の原因としては、以下の4つの説があると一般的に言われています。

薄毛の大きな原因のひとつである、血液の循環不足は基礎代謝の低下が原因だと考えられます。基礎代謝の低下は運動不足から引き起こるものであり、気付かないうちに薄毛に。

これにより頭皮の密度が少なくなり、さらにはヘアサイクルの乱れによって抜け毛が多くなってしまうのです。発毛が追いつかなくなることで薄毛として認識をされてしまいます。いきなり現れることはなく、ゆっくりと時間をかけ症状が進行していくのですぐには気付きにくいのです。

薄毛に悩む女性は意外にも多いものです。薄毛の悩みと言うと、どうしても中年男性を想像してしまいがちです。しかし、男性以外でも女性の中でも薄毛に悩む方は少なくありません。むしろ、美しさを気にする女性の方が髪の毛に対する悩みは重いかもしれません。ここでは、女性の薄毛に関する悩みとその原因、そして適切な治療法を解説します。

アルコールの過剰摂取は健康に良くないだけでなく、システインの減少で薄毛の原因の一つとされています。また、高脂血症のリスクを高め、薄毛を促進させる可能性があります。

-薄毛
-,