まずは薄毛(ハゲ)になりやすい食生活について説明します

まずは薄毛(ハゲ)になりやすい食生活について説明します

適度な食事制限は薄毛対策として効果的ですが、短期間で痩せるために全く食事をしないような過度なダイエットをしたり、ひとつの食材しか食べなかったりするなど偏ったダイエットをすると栄養不足に陥ります。

現代社会において、ストレスを全くなくすのは無理な話ですが、薄毛や抜け毛を進行させないためにも定期的に運動や趣味の時間をとるなどしてリラックスする必要があるでしょう。

普段の食生活を改善するだけで、薄毛が改善する場合もあります。

にんじんにはベータカロチンが豊富に含まれ、体内でビタミンAに合成されます。ビタミンAは頭皮の油分の元となり、体内のビタミンA量が不十分だと、頭皮が乾燥しがちになり、薄毛の原因となります。

まずは薄毛(ハゲ)になりやすい食生活について説明します。自分に当てはまるかどうか確認しましょう。

お菓子やジャンクフード、ジュース、甘いカクテルなどの糖分の多い食べ物を食べ過ぎると、薄毛を進行させる可能性があります。糖分を多く摂取するとビタミンB群が大量に消費され、皮脂の分泌量が増すためです。頭皮の皮脂が多いとベタつきを引き起こし、毛穴が詰まりやすくなります。

体内のフェリチン量を十分高く保つことが薄毛対策には効果的ですが、チンゲン菜に特に多く含まれる鉄分が健康的な毛髪の維持に一役買ってくれます。

もし薄毛・抜け毛が気になり始めたら、ご自身の生活習慣を見直すことをお勧めします。

・ビタミンB群
細胞の代謝・血行促進と、皮脂分泌の抑制作用があるので薄毛対策によいとされています。中でもビタミンB7(ビオチン)はコラーゲン生成や髪の成分であるアミノ酸の代謝を助ける作用があるため、積極的に摂りたい栄養素です。ビタミンB群が入っている食べ物には、豚肉、レバー、マグロ、ニンニク、酒粕などがあげられます。ビタミンB群は、幅広くたくさんの食物に含まれています。好き嫌いせずに色々な食べ物を食べることが、ビタミンB群の不足を防いでくれることになります。

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモン(テストステロン)が、体内酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変化し、毛母細胞に作用することで薄毛や抜け毛を引き起こします。

おすすめ記事

関連記事

33歳、男性です。薄毛が気になるのでスカルプDシャンプーをネットで購入して使用…
noimage
「薄毛の原因は大きく分けて4つあります
今20歳です。薄毛に気づき始めたのは約2年前からでしょうか、髪の毛が心配になり始…
noimage
薄毛対策のためには 睡眠時間をしっかりと取るようにしましょう
noimage
女性の薄毛と糖分摂取は因果関係ありますか? 40代女です。ここ数年つむじや髪の分…
つまり頭皮マッサージをする習慣をつけることが薄毛対策になるのです
食べ物の他に 薄毛改善に効果が期待できる飲み物もあります
自己判断での薄毛治療には限界があります
また 注目されてきたのが女性の薄毛だ
薄毛について 20代前半の者です。 最近、生え際がM字が気になりだしたので、なんら…
薄毛対策として湯シャンを試しているのですが、シャンプー使用時と比べて髪が凄く…
薄毛で悩んでいます。10代女です。高校一年生の終わり頃から薄くなってきました。…

Menu

HOME

TOP