薄毛改善には 適切な薬を使えば 大いに効果が期待できます

薄毛は「男性型脱毛症」と呼ばれています

薄毛改善には、適切な薬を使えば、大いに効果が期待できます。「なんだか分け目が目立つ。これって薄毛?」といった加齢による髪にまつわるお悩みはつきませんが、髪が薄くなるのも宿命と、あきらめる必要はありません。

薄毛は遺伝が原因だから治らないとも言われることもあるほど、遺伝は薄毛に大きな影響を持っています。

プロペシアとザガーロの副作用
薄毛治療に使われる薬の代表であるプロペシアには、勃起不全、精液量の減少、性欲の減退などの副作用があることがわかっています。

※薄毛は「男性型脱毛症」と呼ばれています。

ちなみに、「プロペシア」という男性の薄毛を改善する治療薬がありますが、3年間継続して使った場合、約80%の人が薄毛が改善したという正式なデータがあるほどで、十分に治る可能性があることがわかると思います。

DHTは、毛乳頭にあるアンドロゲン受容体と結合することで、毛乳頭を委縮させ、毛母細胞の成長を抑制する働きがあります。
これによって、毛母細胞が毛を産み育てる髪の一生「ヘアサイクル」と呼ばれる周期が停滞し、薄毛が進行するのです。

自身で出来る抜け毛対策・薄毛改善はいくつもあります 。育毛剤だけでなく、ちょっとしたことに気を付ければ簡単に抜け毛対策を行えるので意識して取り入れてみましょう。最初は確かに慣れていないためきつく感じるかもしれませんが、やがて習慣になるのでそれが当たり前の事になっていくので安心して下さい。いくつかの方法を簡単ではありますがご説明していきます。

5αリダクターゼには1型と2型があり、1型は全身の皮脂腺に、2型は前立腺、前頭部、頭頂部の毛乳頭にあります。
フィナステリドは2型に集中して効果を発揮しますが、デュタテスリドは1型、2型の両方に効果を発揮し、AGAの薄毛の進行を抑制します。

AGA治療を始めると、抜け毛の量が減る、細い抜け毛が減ったなどを実感することがあります。これらは薄毛改善の前兆といえます。AGA治療薬の働きで、乱れていたヘアサイクルが整ってきたと考えられるからです。AGA治療を継続しましょう。

薄毛を少しでもはやく治したい人は下記の方法のから自分に合う方法を見つけ、なるべくはやく対策を始めることをおすすめします。

おすすめ記事

関連記事

ストレスの発散は薄毛対策において重要な要素です
noimage
noimage
noimage
残念ながら 薄毛は治らないこともあります
noimage
noimage
薄毛の原因の一つとしてよく言われているのが遺伝です
薄毛を気にし過ぎて鬱になっている主人に何と声をかけたら良いのか分かりません。 …
20代・30代から薄毛に悩まれる患者さまも少なくありません
noimage
薄毛は薬を飲めば治りますか? 治療をしないと根本的な意味の解決はしないですか?
#男女ともに薄毛や抜け毛でお悩みの方はたくさんいらっしゃいます
noimage
薄毛にも円形脱毛症にも効きますよ

Menu

HOME

TOP