一般的に タバコを吸う方は薄毛になりやすいと言われていますよね

今回わかったのは 「振動圧刺激が薄毛治療に効果がある」ということ

今回わかったのは、「振動圧刺激が薄毛治療に効果がある」ということ。
髪が生えてくる根っこの部分には「新しい髪を生やそう」というシグナルを出す「毛乳頭細胞」があって、この細胞が活性化していると髪の成長サイクルが正しく行われ、健康な髪が育つのだという。
実験では、ヒトの毛乳頭細胞に超音波でブルブル…と振動圧を与えたところ、何もしない時に比べて約1.3倍細胞が活性化した。
つまり、頭に刺激を与えると「髪を生やせ!」という命令が発信されるということがわかったのだ。

もともと、マッサージで血行が良くなると、髪にも栄養が行きわたって良い、ということはわかっていたものの、単に「血行促進=発毛効果」ということは疑問視する声もあったのだという。
しかし、今回の実験によって「刺激による血行促進」ではなく、「刺激そのもの」が細胞に働きかけ、発毛に効果的だということがわかったのだ。

薄毛の状態や原因を特定できたら、その原因にあった対策を実行します。薄毛対策は継続的に行なうことが大前提なので、自分が続けられるように計画を立てた上で実行しなくてはいけません。

髪にカラーを入れたら、その色を「守る」ことも薄毛対策につながります。髪の色が長持ちすれば、その分カラーリングの頻度も少なくて済むからです。

薄毛の原因としては、頭皮の血行不良も1つの可能性として考えられます。一般的に、タバコを吸う方は薄毛になりやすいと言われていますよね。タバコに含まれているニコチンには血管を収縮させる作用がありますので、喫煙をすると頭皮の血流にも悪影響を与えてしまうのが厄介なところです。タバコを吸うと自律神経やホルモンのバランスが崩れ、冷えやすくなることが指摘されています。こういった特徴も、血行不良を招く要因の1つです。血行不良は、生活習慣の影響でも起こり得ます。

例えば、シャンプーをするときに頭皮まで十分に洗えていないと、血流が悪くなることがあります。もともと頭皮は余り手を触れないところであり、意識的に刺激を加えていないと知らない間に血流が悪くなっている場合があるため、要注意です。冷え性の方などは肩や首が凝りやすく、頭皮の血流が悪くなることも十分に考えられますよね。薄毛治療を行う病院では、頭皮の血流をよくする治療も一部行っています。外用薬や頭皮に直接注入する薬などを使って治療を行っているのが、薄毛治療の専門病院です。

また、薄毛の改善を目指すサロンでも、頭皮の血流をアップする施術を行っています。頭皮が硬くなっているときには、このような治療や施術を受けてみるのも対策の1つになるでしょう。頭皮の血行不良を予防するうえでは、シャンプーやマッサージなどで頭皮にコンスタントに刺激を与えておくという方法もあります。ツボ押しなども血流の改善には効果的ですので、試してみてはいかがでしょうか。自律神経やホルモンのバランスを整えるツボを刺激すると、頭皮の血流もよくなります。

そして、この男性ホルモンが引き起こす薄毛こそが、多くの男性を悩ます「男性型脱毛症」だ。

薄毛は、甲状腺疾患などの病気の影響や薬の副作用で生じることも少なくありません。このような原因で薄毛になっているときも、病院での薄毛治療が功を奏するかもしれません。病気が原因の場合は背景にある病気を治療するのが先決ですが、薄毛の治療を同時進行で進めることも場合によっては可能です。薬の飲み合わせなどに問題がなければ、持病の治療を続けながら薄毛の治療も進められるでしょう。病気が原因の薄毛も、自分で予防することは難しいのが現実です。

ただ、気になる症状がみられたときに、すぐに健康診断を受ける、などの行動をとれば、抜け毛が進行しないうちに治療をスタートできます。抜け毛の症状も早い段階であれば比較的すぐに改善する可能性が高く、ためらわずに早めに専門医に相談をするのがいい対策法になるでしょう。薬の服用中に脱毛の症状が見られたときは副作用の可能性が高いため、医師や薬剤師に相談をするのがおすすめです。

薄毛の原因は遺伝による体質以外にも、生活習慣が間接的に薄毛のリスクを招いている場合があります。計画的な薄毛対策を練るためにも、生活習慣における問題点を探し出して見直さなければなりません。

今まで、女性の髪は女性ホルモンの影響で薄くならないと考えられていました。
薄毛というと男性のイメージで、薄毛の悩みはあまり取り上げられてきませんでした。
しかし実は近年、薄毛の悩みは男性だけでなく女性の中にも急増しています。
その原因は、ストレスや過度のダイエットなどによる栄養の偏り、睡眠不足などの生活習慣によるものです。ストレスや生活習慣の乱れといった、いわゆる現代病はホルモンバランスや自律神経の働きを乱してしまいます。
その結果、頭皮の血行が滞り、髪を成長させる「毛乳頭」や「毛母細胞」に栄養が行き届かず、発毛を阻害してしまうと考えられています。

ストレスは仕事による神経の疲れや、十分な休息が取れない場合などに溜まりがちになります。
特に規則正しくバランスの取れた食生活は、体調はもとより頭髪や地肌の健康にとって重要なファクターです。中性脂肪、コレステロールの多い食事をし続けることは血液粘性の増大を招き、頭部の血行不良を引き起こすことに。頭皮の栄養状態が悪くなると毛髪の栄養状態に直結してしまい、脱毛を引き起こす原因になってしまいます。過度なダイエットや偏った食生活は、頭皮にとっては非常に避けたい行為といえます。

「薄毛には、様々なものがあり、それは大きく4つに分けられます。その1つは、病気に関連した脱毛。2つ目が男性型脱毛症で、男性の薄毛で一番多いものです。3つ目が女性の薄毛。4つ目が髪の毛や頭皮を傷めたことが原因となる薄毛です」と齊藤医師は解説する。

また、第一三共ヘルスケアが15~69歳の男女2万人に対してインターネットで行った薄毛・抜け毛に関する2012年の調査** では、男性、女性ともに、加齢とともに薄毛や抜け毛が気になる人の割合が増えることがわかった(グラフ参照)。また、20代以上の男性では45%以上が薄毛や抜け毛を気にしていた。

おすすめ記事

関連記事

noimage
近年では 女性も薄毛で悩んでいるケースがあります
今回は 薄毛や抜け毛に役立つ食べ物をご紹介しました
薄毛部分に産毛が生えてくることも改善の兆候といえます
noimage
薄毛は「男性型脱毛症」と呼ばれています
noimage
noimage
女性の薄毛・抜け毛の原因は個人によって異なります
薄毛は頭の部位によっても その抜け方や特徴が変わっていきます【まとめてポータル】
薄毛はある日突然抜けてしまうわけではありません
ここでは薄毛対策に効果がある7つの代表的な食べ物をご紹介します
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP