薄毛を目立たせないカラーリングは ズバリ「明るめの色」

薄毛の状態や原因を特定できたら その原因にあった対策を実行します

薄毛の状態や原因を特定できたら、その原因にあった対策を実行します。薄毛対策は継続的に行なうことが大前提なので、自分が続けられるように計画を立てた上で実行しなくてはいけません。

薄毛対策で最初にするべきことは現状把握です。薄毛の原因にはストレスや運動不足、睡眠不足、飲酒喫煙、偏った食生活などさまざまな種類があり、原因や症状の進行度合いによって最適な対策方法は異なります。

なぜこれらのカラーリングが薄毛の原因になるかというと、そこに関連しているのが「ダメージ」と「アレルギー」の2つなのです。

薄毛を目立たせないカラーリングは、ズバリ「明るめの色」。黒髪から茶色へと変化させるだけでも、透けて見える地肌の印象が弱くなります。

さて、この超音波ブルブルマシーンが発売されるのは楽しみに待つとして、薄毛ケアを今すぐ始めたいという方には、日本医科大学形成外科・ヘアメディカルグループの共同研究結果から生まれた、頭皮マッサージ法がある。

頭皮環境が乱れている可能性が高いですね。頭皮環境の乱れは洗いすぎても洗わなさすぎても起こります。すぐに薄毛になる訳ではありませんが、今のままの状態を続けると状況は確実に悪くなっていくでしょう。

特に3が当てはまった方は要注意。既に脂漏性皮膚炎になっている可能性があります。放置すると炎症が長引き、薄毛になるリスクが高くなってしまいます。毛根にストレスがかかっている状態は早めに改善しましょう。皮脂を落とし過ぎないタイプのシャンプーを選び、力を入れ過ぎないシャンプーの仕方を心がけましょう。

女性も男性も気になる、”髪の毛事情”
特に、若い頃はツヤツヤ、フサフサだった髪がいつの間にかボリュームダウンして、枕には抜け毛が…という、「発毛・育毛」に関する悩みは尽きないだろう。

髪についての情報は「朝シャンすると髪が薄くなる」などから「わかめを食べると髪フサフサ」なんてものまで、様々な”都市伝説”が飛び交い、一体何が正しいのかわからなくなっている人も多いのではないだろうか。

そんな中、朗報が届いた。
19年間で190万人の薄毛治療の実績を持つヘアメディカルグループ・日本医科大学形成外科・株式会社アンファーが共同研究し「振動圧刺激が薄毛治療に効果がある」ということを発表したのだ。

振動刺激が効果があるということは、つまり頭皮マッサージも発毛にいいということなのか?
詳しく見ていく前に、そもそも、なぜ年齢と共に”薄毛”になってしまうのか、そのメカニズムからみていく。

また、甲状腺疾患や貧血によっても薄毛は引き起こされてしまいます。生えてくる髪の形が悪くなったりもします。頭髪を気にすることは身だしなみを気にすることでもありますが、全身の健康状態をケアしているともいえるわけです。

カラーリングでオシャレを楽しみつつ、なおかつ薄毛トラブルを進行させないためには、髪や頭皮への影響が少ないカラーリング方法を選択する必要があります。

おすすめ記事

関連記事

noimage
最近は女性にも抜け毛や薄毛で悩む人が増えているようです
女性の4人に1人が薄毛に悩んでいるという調査結果もある
薄毛治療は早期に始めたほうが 改善しやすい傾向があります
noimage
noimage
noimage
薄毛症状への対策には長い期間がかかります
ミノキシジル製品と一緒に購入し 薄毛を改善しましょう
noimage
noimage
#男女ともに薄毛や抜け毛でお悩みの方はたくさんいらっしゃいます
noimage

薄毛

noimage
上手に活用すれば 気になる薄毛の悩みも早々に解消できるかも!?

Menu

HOME

TOP