薄毛の育毛で必要なミネラルは 亜鉛が挙げられます

薄毛の育毛で必要なミネラルは 亜鉛が挙げられます

頭皮環境を悪化する大きな要因は2つあって、1つは皮脂や汚れ、もう1つは環境によるものです。以下の項目を血行不良と頭皮環境を意識しながら読むと、自分がどの理由で薄毛になるのかを認識しやすくなるでしょう。

年を取ってからならあきらめもつくが、まだまだ血気盛んな20代から40代で薄毛に気付き、それこそ髪の毛も抜けんばかりに悩んでしまう男性が多いという。

より効果の高いAGAの薄毛治療を希望するなら、AGA治療専門のクリニックに通院しましょう。薄毛に悩む患者様一人ひとりに最適な治療計画を立ててくれます。また、AGA治療薬の処方だけでなく、生活習慣や、日ごろの食事の栄養バランスの指導などもしてくれます。

薄毛の育毛で必要なミネラルは、亜鉛が挙げられます。亜鉛は、タンパク質を構成するために必要な栄養です。ケラチンはタンパク質なので、亜鉛が不足していると薄毛が進行し、髪の毛の育成がままならなくなります。亜鉛のサプリは薄毛の育毛に効果が期待できます。

この4つの原因は、複雑に絡み合うことで抜け毛増えたり髪が細くなったりします。そのため、「我が家の家系は髪が多いから安心」とは言えず、どの人にも薄毛になる可能性があると言えます。

アルコールを過剰に摂取すると、アルコールの利尿作用により、水分が体内から出て行ってしまい、水分不足になります。体内の水分不足によって、血流が悪くなり、薄毛になりやすくなると言われています。

おでこが広くなる薄毛のタイプ。おでこや頭頂部など頭蓋骨が出っ張っている部分は、構造的に血流が滞りやすいと言われています。加えて、長時間のデスクワークによる眼精疲労の蓄積がおでこの頭皮の筋肉をこわばらせ、さらに血流を悪くします。すると髪の毛が生え変わるサイクルが乱れ、薄毛が進んでしまいます。

さらに気軽にできる育毛法といえば、食事です。抜け毛や薄毛になる人は、髪の毛の元となる毛母細胞の細胞分裂が減っているからだと考えることもできます。もちろん、毛髪サイクルには成長期、移行期、そして休止期があり、常に細胞の活動が活発というわけではありませんが、細胞の活動には栄養素が欠かせません。そのため、栄養のバランスに気遣いながら、髪に良い食べ物・栄養素をしっかりと摂取しておくことが大切です。

薄毛の原因は、大きく分けると遺伝やホルモンの影響、ストレス、食事・生活習慣などが挙げられます。

メタボリックシンドロームは健康だけでなく、薄毛対策においても回避したい敵です。日頃の生活習慣や体重管理に気をつけましょう。また、前段で紹介したと言われていますので、喫煙者の方は特に注意が必要です。

おすすめ記事

関連記事

noimage
毎日の食事や生活習慣を見直すだけでも薄毛の改善になります
noimage
noimage
イソフラボンは 薄毛改善には欠かせない栄養素です
noimage
薄毛が改善した坪倉
2. 薄毛に関する意識調査データを大公開!
noimage
薄毛の状態や原因を特定できたら その原因にあった対策を実行します
noimage
60代の今 悩みは薄毛だという
女性の薄毛・抜け毛の原因は個人によって異なります
薄毛に関するお悩みのご相談だけの診察もお気軽にしていただけます
noimage

Menu

HOME

TOP