与野党合意 米大統領満足せず

与野党合意 米大統領満足せず
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 与野党合意 米大統領満足せず

twitterの反応

安保法制の問題点 @rerereline

[手続上] 徳永エリ(民主) 安倍政権になり次々と参議院のルールや先例が壊されている。与野党間で合意した特別委員会の理事会も、勝手に理事会室から委員会室に変更された。合意を記録したメモを出すように国会職員に要請しても出さない。誰かから圧力がかかったのか。(2015年9月18日)

Yasushi @Yasushi54013382

韓国与野党 本会議開催で合意=日本輸出規制の撤回促す決議案可決へ 返事を持って来ない輩が何人来ても前に話は進まんぞ。ただ日本に来たいだけなんでは😂

伊豆の栄五郎 @izunoeigorou

これほど勿体ない話もない。 震災時に正常稼働し、被災したにもかかわらず無事故で耐えたのに… 電力の安価安定供給システムを壊しつつあるのは前政権時の与野党合意で作られた原子力・エネルギー規制。 安倍政権は、その負の遺産を放任している点…

行政学bot @gyoseig

地域主権戦略会議の法制化は、平成23年の通常国会での与野党合意により「地域主権」という文言が削除され、あわせて地域主権戦略会議の法制化が見送られた。ただし活動自体は継続中である。

大和民主主義連合国《和国》 @yamato20171026

【衆議院議長】与野党の衆議院運営委員会理事は、志田議長の後任を決める臨時議会は招集せず、副議長の共和党《北 佳祐》氏を議長代理とする人事で合意。

あき【国民の生活が第一!! 殺処分反対!!】 @3wons_lovelove

【-自民党の改憲4項目をどう評価するか。 一回取り下げてほしい。(9条への)自衛隊明記と緊急事態条項は問題だ。組織名だけ明記し権限も任務も変わらないというのははっきり言ってうそだ。 9条の議論は野党が警戒する。まず与野党が合意できる項目で始めるのが一つだ】

再社 @saiki_syaminn

与野党が合意できる内容から議論を進めて骨抜きにされた制度があるんですよ・・・ 会計年度任用職員制度って言うんですけどね・・・

ポンチョマニア @animekaxtuteoue

貴方ですね理解が足りないのは議会制民主主義の原点をお分かりではない、与党側から出された法案を与野党が合意するように議論し 修正や削除を重ねて法律を作るのが国会の役目ですから、これでは安倍の暴挙と言えますね。 先の通常国会でも安倍は国会をサボり野党が求めた、国会審議に応じない暴挙

なかの @nakan0n

嘘と誤魔化しは、不利益を被った側、正す側は忘れることは無い。 でも、国会の委員会と本会議をそのために費やすのは、追い銭が勿体ない。 不祥事追求に特化した、全てネット生中継の小委員会を新設して欲しい。 名誉のため真実を明らかにしたい与野党双方の発案合意で。

佐野 直哉 @pxbrqnaZJT1917W

ジョンソン氏は、経済への混乱が懸念される「合意なき離脱」も辞さない方針。9月に再開する英議会で労働党は内閣不信任案を提出する可能性があり、強硬離脱に反対する与野党勢力の動きが今後本格化しそうだ。

裕ちゃん(反秘密、脱原発) @h_hirachan

野党は「対案を出せ、批判ばかりじゃダメだ」と仰る方に。 今日の朝日新聞に「今国会で衆院に提出された議員提出法案は計45本。このうち野党主体の法案は29本。審議入りには与野党の合意が必要なため、ほぼ全ての法案がお蔵入り」 対案を出しても与党が反対して審…

つぶやきの自由 @noahopayoku

3分の2を確保出来たとしても 野党のある程度の合意無くして 国民投票で勝てません 与野党の政局ではなく 日本の将来を見据えた議論が必要

孔明@TRPG @coumei20800

非改憲の明言と、野党との関係修復が並行して進められ、法案は与野党間で事前に協議し、合意が取り付けられてから提出されるという「国対政治」が慣習化した。 こうした方針は政権の安定化と共に、与野党の癒着を生みだした(背景①)。

Hana @hanab704

結局、またいつもの展開だ。パターンの反復によってどんな異常もいつのまにか正常になっていく。国民の感覚麻痺が進行する様をここ数年散々見てきた。 自発的隷従 佐川氏、下旬にも証人喚問=招致で与野党合意-16日国会正常化・森友文書改ざん:時事ドットコム…

Bokuhadokoniiru @bokuhadokoniiru

考えてみれば、改憲勢力2/3という言い方自体が、憲法は数の論理で決めるもので、国民的合意は必要ないと言っているに等しい。 論理的に整合性があり、また主権者が本当に必要な規定なら、与野党関係なく合意できる筈。いや、だからこそ改憲…

Menu

HOME

TOP