日本人男性の3人に1人は薄毛を気にしているといわれています

日本人男性の3人に1人は薄毛を気にしているといわれています

乾燥状態の逆で、頭皮から出る皮脂が過剰な場合も薄毛になってしまいます。

通常、このヘアサイクルは2〜7年で繰り返されています。健康なヘアサイクルは、長くてかたい髪の毛が抜けますが、乱れたヘアサイクルの場合、短くてやわらかい髪の毛が抜け、抜ける本数が目立って多くなります。これは、成長中の髪の毛が成長できず、ヘアサイクルが何らかの原因で短くなり、髪が完全に成長する前に抜けている状態で、これが薄毛の症状です。

もし薄毛になっていたら、ヘアラボと一緒に改善していきましょう。

もう1つは髪の成長が「休止期」になってしまうことです。髪は新しい毛髪を生やす「発生期」、毛髪が成長する「成長期」、成長が鈍化する「後退期」、成長が止まる「休止期」を1サイクルとして形成しています。自律神経のバランスが崩れると髪が「休止期」で止まってしまい、新しく毛髪が生えずに薄毛になってしまいます。

一方、薄毛専門の医療機関では、薄毛の症状を正しく把握することでその人にあった適切な薄毛治療を行うことができます。薄毛が気になりだしたら、まずは薄毛専門の医療機関へ相談することをおすすめします。薄毛は早めの治療が効果的です。

これらの4つのうちのどれかひとつが薄毛の原因とは限りません。複数の原因が互いに影響しあっている場合も多いと考えられます。

日本人男性の3人に1人は薄毛を気にしているといわれています。近年は、女性の薄毛の悩みも増加する傾向にあります。背景には、ホルモンの影響、遺伝的要素、食生活、ストレスなどの理由が考えられています。

頭頂部やつむじから薄毛になるのもまた、AGAの典型的なハゲ方です。

アルコールで問題になるのは、飲みすぎです。体内に入ったアルコールは、毒性のある「アセトアルデヒド」という物質に変化します。適量なら肝臓で分解されますが、飲みすぎると肝臓の機能が追いつかず、アセトアルデヒドが血液に混ざり全身に回ります。それが二日酔いです。
さらに、アセトアルデヒドには、AGA(男性型脱毛症)の原因となる「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンを増やす作用があるといわれます。
薄毛に悩んでいる人は適量を心がけましょう。

ストレスは体調不良の原因になるほか、薄毛にも影響を与えます。

おすすめ記事

関連記事

薄毛に悩む人は約4200万人
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP