建国記念の日 「の」なぜある

建国記念の日 「の」なぜある
2月11日は「建国記念の日」だが、「建国記念日」ではない。
由来は「日本書紀」に基づく初代天皇・神武天皇の即位日だ。これを太陽暦に換算すると、紀元前660年2月11日にあたる。明治政府はこの日を「紀元」(建国の日)として、祝日にすると定めた。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 建国記念の日 「の」なぜある

twitterの反応

capt.Slump @capitanissimo

SNS以前でも、市井の声は判で押したよう。 建国記念の日制定の時「人に誕生日があるのに国に誕生日があってなぜ悪い」 モスクワオリンピック ボイコット時「ボイコットすれば、アフガニスタン侵攻反対の世界世論にソ連の一般人が気づく」

tmh1k @tmh1k

カナダの建国150周年を記念して、「Canada 150」と呼ばれる準公式の活字書体がつくられた。多様な文化をもつカナダという国を象徴しようとするものだ。 (アーカイヴ記事)

Menu

HOME

TOP