輝星ほろ苦の登板 心折れそう

輝星ほろ苦の登板 心折れそう
同期対決で敗れた。
「(自分の心が)折りたいみたいなこと言ったの」と返答。
しかし、防球用のネットが置かれるなど、練習してきたブルペンとの違いに苦しんだ。「コントロール(ストライク)が入らなくて、やばいなと思いました」と素直に明かした。それでもでも手応えは得た。
「全力ではない球でもあそこまで投げられたのは自信になりました」。今後は14日にブルペン入りし、16日の紅白戦に備える。「力を入れてそれなりの球がいってるので、調子が上がってきているなと思う」。
この日の苦戦を糧に前へ進んでいく。【山崎純一】日本ハム荒木2軍監督兼投手コーチ(吉田輝に)「あれだけ腕を振って、打者に投げられれば十分じゃないかな」。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ 輝星ほろ苦の登板 心折れそう

twitterの反応

定番サイトJP @stnlink

[YAHOO!ニュースより] 輝星ほろ苦の登板 心折れそう

Menu

HOME

TOP