近年は 女性の薄毛の悩みも増加する傾向にあります

すると髪の毛が生え変わるサイクルが乱れ 薄毛が進んでしまいます

おでこが広くなる薄毛のタイプ。おでこや頭頂部など頭蓋骨が出っ張っている部分は、構造的に血流が滞りやすいと言われています。加えて、長時間のデスクワークによる眼精疲労の蓄積がおでこの頭皮の筋肉をこわばらせ、さらに血流を悪くします。すると髪の毛が生え変わるサイクルが乱れ、薄毛が進んでしまいます。

とされています。一方で長期間に渡ってお酒を飲み過ぎると、肝臓・胃・膵臓等々、さまざまな臓器にダメージを与えることも周知の通りです。臓器がダメージを受けると栄養の供給が少なくなり、髪に十分な栄養が届かなくなるので抜け毛・薄毛につながります。

日本人男性の3人に1人は薄毛を気にしているといわれています。近年は、女性の薄毛の悩みも増加する傾向にあります。背景には、ホルモンの影響、遺伝的要素、食生活、ストレスなどの理由が考えられています。

しかし、これがうまくいかなくなると太く育つための「成長期」を途中で終えてしまい、「退行期」「休止期」にすぐに入ってしまうのだ。
そのため、太い髪が減ってスカスカに見えてしまう上、だんだんと毛が生える土台が痩せてしまうのが”薄毛”の正体だ。

日本の成人の約半数が、薄毛に悩んでいるといいます。薄毛対策の様々な方法を試す人もいますが、自分に合っていないケアを続けると、効果が出ないばかりか悪化する恐れもあるそう。

「髪にハリやコシがなくなり、昔できた髪形ができなくなった」「分け目が広がってきた気がする」などの現象が見られたときは、AGAなどを発症しているおそれがあります。その場合、専門クリニックを受診するなど何らかの手を打たないと薄毛は進行する一方です。

一方、薄毛専門の医療機関では、薄毛の症状を正しく把握することでその人にあった適切な薄毛治療を行うことができます。薄毛が気になりだしたら、まずは薄毛専門の医療機関へ相談することをおすすめします。薄毛は早めの治療が効果的です。

薄毛になる理由は、これらの要因が複数影響していると言われています。

脇坂クリニック大阪では、一人ひとりの患者様に合わせた薄毛治療を行っています。色々な確度からアプローチするために、検査や診断を行い、患者様の状態を正しく把握し、それぞれにあわせて内服薬と外用薬を中心に、ビタミン・ミネラルなどを使用した薄毛治療と、食生活や生活習慣のアドバイスを行っていきます。

次は、年齢別に書かれた薄毛の記事を紹介していきます。

おすすめ記事

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
ヘアスタイルも実は薄毛を進行させる原因にあげられます
女性の薄毛の大きな原因は ホルモンバランスの乱れによるものです
髪の毛がすぐ抜けるのは薄毛(ハゲ)が進行している証拠?
毎日の食事や生活習慣を見直すだけでも薄毛の改善になります
薄毛治療なら聖心毛髪再生外来へ
noimage
#これらの4つのうちのどれかひとつが薄毛の原因とは限りません
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP