ストレスは体調不良の原因になるほか 薄毛にも影響を与えます

ストレスは体調不良の原因になるほか 薄毛にも影響を与えます

薄毛とは、頭髪の量が減って地肌が見えてしまう状態です。本数は変わらないまま毛が細くなる場合と、抜け落ちて本数そのものが減ってしまう場合があります。髪の本数を平均約10万本として計算すると、1日に50本から100本は自然に脱毛していると考えられますが、150本以上の状態が続くようなら、病的な抜け毛(異常脱毛)といえるでしょう。
薄毛の原因としては、以下の4つの説があると一般的に言われています。

この4つの原因は、複雑に絡み合うことで抜け毛増えたり髪が細くなったりします。そのため、「我が家の家系は髪が多いから安心」とは言えず、どの人にも薄毛になる可能性があると言えます。

アルコールで問題になるのは、飲みすぎです。体内に入ったアルコールは、毒性のある「アセトアルデヒド」という物質に変化します。適量なら肝臓で分解されますが、飲みすぎると肝臓の機能が追いつかず、アセトアルデヒドが血液に混ざり全身に回ります。それが二日酔いです。
さらに、アセトアルデヒドには、AGA(男性型脱毛症)の原因となる「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンを増やす作用があるといわれます。
薄毛に悩んでいる人は適量を心がけましょう。

ストレスは体調不良の原因になるほか、薄毛にも影響を与えます。

どれだけ毛がない状態の薄毛でも対応できる対策ですが、手術費用は高額です。

もう1つは髪の成長が「休止期」になってしまうことです。髪は新しい毛髪を生やす「発生期」、毛髪が成長する「成長期」、成長が鈍化する「後退期」、成長が止まる「休止期」を1サイクルとして形成しています。自律神経のバランスが崩れると髪が「休止期」で止まってしまい、新しく毛髪が生えずに薄毛になってしまいます。

これが原因となる薄毛は「壮年性脱毛症(男性型脱毛症)」と診断されるものが多く、AGA(Androgenetic Alopecia)とも呼ばれています。男性だけではなく、女性にも起こる症状です。

薄毛(うす毛)とは、抜け毛の量が増えたり、髪の毛が細くなることで毛量が減り、地肌が見える状態のことです。これが続くようであれば、病的な症状といえます。

産後数ヶ月したらこれらの原因は落ち着き、髪も元どおりになるのが大抵ですが、人によってはいつまでも薄毛が改善されない人もいます。

しかし、これがうまくいかなくなると太く育つための「成長期」を途中で終えてしまい、「退行期」「休止期」にすぐに入ってしまうのだ。
そのため、太い髪が減ってスカスカに見えてしまう上、だんだんと毛が生える土台が痩せてしまうのが”薄毛”の正体だ。

おすすめ記事

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
医師が薄毛改善薬として処方するミノキシジル
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
現代は 男性も女性も大勢の人が薄毛・抜け毛に悩んでいますよね!
noimage

Menu

HOME

TOP