「なにが原因で薄毛に?」 「どうすれば薄毛を治せる?」

薄毛にはさまざまなパターンがあります

次に、女性の薄毛について年齢別でまとめた記事を紹介します。

女性も男性も気になる、”髪の毛事情”
特に、若い頃はツヤツヤ、フサフサだった髪がいつの間にかボリュームダウンして、枕には抜け毛が…という、「発毛・育毛」に関する悩みは尽きないだろう。

髪についての情報は「朝シャンすると髪が薄くなる」などから「わかめを食べると髪フサフサ」なんてものまで、様々な”都市伝説”が飛び交い、一体何が正しいのかわからなくなっている人も多いのではないだろうか。

そんな中、朗報が届いた。
19年間で190万人の薄毛治療の実績を持つヘアメディカルグループ・日本医科大学形成外科・株式会社アンファーが共同研究し「振動圧刺激が薄毛治療に効果がある」ということを発表したのだ。

振動刺激が効果があるということは、つまり頭皮マッサージも発毛にいいということなのか?
詳しく見ていく前に、そもそも、なぜ年齢と共に”薄毛”になってしまうのか、そのメカニズムからみていく。

以前に薄毛予防になるシャンプー方法と頭皮マッサージ方法を書いていますので、ぜひ参考に実践してみてください。

「運動しなきゃ…」とは思うものの、なかなか最初の一歩が踏み出せない方も多いはず。しかし、運動不足は薄毛につながる可能性があること、知っていましたか?

生活習慣は薄毛の原因に関わりが深いと言われているので、改善の余地がある場合はぜひ実践しましょう。

ぜひ自分に合った記事を参考にして、薄毛改善への一歩を踏み出してください。

「なにが原因で薄毛に?」
「どうすれば薄毛を治せる?」

薄毛にはさまざまなパターンがあります。同じような症状でも、人によって原因や治療方法が全く違うことがあります。その人の薄毛の原因などを適切に診断しその人にあった薄毛治療を行うことで、短期間で効果的にケアすることが可能になります。
当院では、医師と患者様とで目標設定を行い、生活改善などもアドバイスを行っていきます。

また、脂肪分が多い食事は男性ホルモンの「テストステロン」の増加につながります。「テストステロン」が増えると「ジヒドロテストステロン」が増え、ヘアサイクルの成長期が短くなることで、薄毛になりやすくなります。

一般的に知られる薄毛対策の用語は「育毛」「増毛」「植毛」「カツラ」だ。育毛は頭皮に栄養分を注入するなどで自毛を生えさせること。増毛は自毛に人工毛をつけるなど、ウィッグの要領で毛髪を増やすこと。植毛は人工毛や抜けにくい部分の自毛を薄くなったところに移植することを言う。

おすすめ記事

関連記事

noimage
その結果 薄毛になりやすくなるのです
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
「薄毛」と聞いてドキッとした女性 意外に多いのではないだろうか?
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP