日本の成人の約半数が 薄毛に悩んでいるといいます

ストレスは体調不良の原因になるほか 薄毛にも影響を与えます

薄毛はヘアサイクルの乱れによって起こる、というのは前述のとおりですが、ヘアサイクルの乱れの原因はまだはっきりとは分かっていません。

とされています。一方で長期間に渡ってお酒を飲み過ぎると、肝臓・胃・膵臓等々、さまざまな臓器にダメージを与えることも周知の通りです。臓器がダメージを受けると栄養の供給が少なくなり、髪に十分な栄養が届かなくなるので抜け毛・薄毛につながります。

ストレスは体調不良の原因になるほか、薄毛にも影響を与えます。

薄毛にはさまざまなパターンがあります。同じような症状でも、人によって原因や治療方法が全く違うことがあります。その人の薄毛の原因などを適切に診断しその人にあった薄毛治療を行うことで、短期間で効果的にケアすることが可能になります。
当院では、医師と患者様とで目標設定を行い、生活改善などもアドバイスを行っていきます。

薄毛は男性の症状であるイメージが強いですが、近年、女性でもお悩みになる方が増えてきています。男女問わずご相談いただくことが多い薄毛や抜け毛について、その原因や症状、解決のための治療方法を詳しくご紹介します。
サラサラでボリュームのある髪の毛は健康的な印象を与えますが、人はいつまでも美しく艶やかな髪でいたいもの。年齢を感じさせない髪の毛を保つために、医療機関だからこそ行える治療をお届けします。

日本の成人の約半数が、薄毛に悩んでいるといいます。薄毛対策の様々な方法を試す人もいますが、自分に合っていないケアを続けると、効果が出ないばかりか悪化する恐れもあるそう。

男性ホルモン「テストステロン」が代謝により「ジヒドロテストステロン」という物質に変わると、ジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞の受容体に取り込まれ、ヘアサイクルの成長期が短くなります。成長期が短いと、細く短い毛しか生えなくなります。さらに、抜け毛も進行し、薄毛の状態となります。

どれだけ毛がない状態の薄毛でも対応できる対策ですが、手術費用は高額です。

血行が悪くなる理由は多様で、一概に「これをやめればいい」とは言えません。下記にまとめた原因のなかには、血行不良を引き起こし、薄毛につながるものもありますので、ご参考ください。

様々な要因でこのヘアサイクルが乱れると、成長期が短くなり、休止期が長くなります。すると、新しい髪の毛が生えにくくなります。サイクルが乱れた状態が続くと、徐々に毛球が弱く、小さくなるので新しい髪の毛が作られなくなり、薄毛になります。

おすすめ記事

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP