早速 薄毛の原因について理解を深めましょう!

薄毛に悩んでいる人は適量を心がけましょう

ただし人によっては側頭部/後頭部でも薄毛に悩む場合があります。原因を知り対策を取っていきましょう。

薄毛に悩む人に向けて、ホームページで積極的に解説してくれるクリニックも多い。一度クリックして、自分の髪に最適な方法を探してみては?

ストレスは体調不良の原因になるほか、薄毛にも影響を与えます。

アルコールで問題になるのは、飲みすぎです。体内に入ったアルコールは、毒性のある「アセトアルデヒド」という物質に変化します。適量なら肝臓で分解されますが、飲みすぎると肝臓の機能が追いつかず、アセトアルデヒドが血液に混ざり全身に回ります。それが二日酔いです。
さらに、アセトアルデヒドには、AGA(男性型脱毛症)の原因となる「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンを増やす作用があるといわれます。
薄毛に悩んでいる人は適量を心がけましょう。

早速、薄毛の原因について理解を深めましょう!

これが原因となる薄毛は「壮年性脱毛症(男性型脱毛症)」と診断されるものが多く、AGA(Androgenetic Alopecia)とも呼ばれています。男性だけではなく、女性にも起こる症状です。

そもそも、人はなぜ薄毛になるのでしょうか? 人類のたゆまぬ努力により、薄毛の理由は大きく環境、生活、遺伝の3つに分類できるようになりました。

また、脂肪分が多い食事は男性ホルモンの「テストステロン」の増加につながります。「テストステロン」が増えると「ジヒドロテストステロン」が増え、ヘアサイクルの成長期が短くなることで、薄毛になりやすくなります。

乾燥状態の逆で、頭皮から出る皮脂が過剰な場合も薄毛になってしまいます。

びまん性とは、広い範囲に広がるという意味です。びまん性脱毛症は中年以降の女性に多く、女性の薄毛の主な原因になっています。男性型の脱毛症と違い、頭髪全体が均等に薄くなります。加齢、ストレス、過度なダイエット、間違ったヘアケア、ホルモンバランスの乱れなどによって、ヘアサイクルの成長期が短縮し、軟毛化します。

おすすめ記事

関連記事

noimage
薄毛はAGA治療で治るというのは本当でしょうか? 先日、同窓会に出席をしたら 大学…
フコダインは育毛を促し 薄毛の改善に役立ってくれます
noimage
薄毛治療にAGAスキンクリニックに行こうか悩んでいます。 2年前くらいから薄毛が…
薄毛のタイプに合わせて選べる 2種類の育毛剤 が人気の秘訣です!
薄毛が改善した坪倉
薄毛に悩む女性は意外にも多いものです
noimage
noimage
加齢変化は60~70代の薄毛のこと
noimage
noimage
これから紹介する薄毛を進行させかねない悪い食生活は控えましょう
薄毛は頭の部位によっても その抜け方や特徴が変わっていきます【まとめてポータル】

Menu

HOME

TOP