すると髪の毛が生え変わるサイクルが乱れ 薄毛が進んでしまいます

さらに 抜け毛も進行し 薄毛の状態となります

薄毛の要因の一つとして、遺伝が考えられます。
しかし、薄毛の原因は多くは遺伝ばかりではなく、さまざまな要因が絡み合ってできるものです。

この4つの原因は、複雑に絡み合うことで抜け毛増えたり髪が細くなったりします。そのため、「我が家の家系は髪が多いから安心」とは言えず、どの人にも薄毛になる可能性があると言えます。

おでこが広くなる薄毛のタイプ。おでこや頭頂部など頭蓋骨が出っ張っている部分は、構造的に血流が滞りやすいと言われています。加えて、長時間のデスクワークによる眼精疲労の蓄積がおでこの頭皮の筋肉をこわばらせ、さらに血流を悪くします。すると髪の毛が生え変わるサイクルが乱れ、薄毛が進んでしまいます。

男性ホルモン「テストステロン」が代謝により「ジヒドロテストステロン」という物質に変わると、ジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞の受容体に取り込まれ、ヘアサイクルの成長期が短くなります。成長期が短いと、細く短い毛しか生えなくなります。さらに、抜け毛も進行し、薄毛の状態となります。

毎日数万人が訪れるヘアラボでは、・に関する記事を【約数百記事】まとめています。そして、このページではそんな薄毛に関する記事を原因別・部位別・男女別で厳選してまとめました。【日本最大級の薄毛研究サイト】で、自身の薄毛状態と照らし合わせながら薄毛の原因と対策を知りましょう。

これが原因となる薄毛は「壮年性脱毛症(男性型脱毛症)」と診断されるものが多く、AGA(Androgenetic Alopecia)とも呼ばれています。男性だけではなく、女性にも起こる症状です。

そもそも、人はなぜ薄毛になるのでしょうか? 人類のたゆまぬ努力により、薄毛の理由は大きく環境、生活、遺伝の3つに分類できるようになりました。

年を取ってからならあきらめもつくが、まだまだ血気盛んな20代から40代で薄毛に気付き、それこそ髪の毛も抜けんばかりに悩んでしまう男性が多いという。

とされています。一方で長期間に渡ってお酒を飲み過ぎると、肝臓・胃・膵臓等々、さまざまな臓器にダメージを与えることも周知の通りです。臓器がダメージを受けると栄養の供給が少なくなり、髪に十分な栄養が届かなくなるので抜け毛・薄毛につながります。

「髪にハリやコシがなくなり、昔できた髪形ができなくなった」「分け目が広がってきた気がする」などの現象が見られたときは、AGAなどを発症しているおそれがあります。その場合、専門クリニックを受診するなど何らかの手を打たないと薄毛は進行する一方です。

おすすめ記事

関連記事

つまり頭皮マッサージをする習慣をつけることが薄毛対策になるのです
noimage
60代の今 悩みは薄毛だという
食べ物の他に 薄毛改善に効果が期待できる飲み物もあります
noimage
ヘアスタイルも実は薄毛を進行させる原因にあげられます
noimage
薄毛に悩む女性の方へ レディースセットをご用意しております
また 注目されてきたのが女性の薄毛だ
noimage
頭頂部の薄毛で悩んでいます。何か改善する方法はないですか? 今までリアップとか…
3つ目が女性の薄毛
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP