何気なく送っている日常生活の中にも 薄毛の要因は潜んでいます

何気なく送っている日常生活の中にも 薄毛の要因は潜んでいます

毛髪には、発毛してから抜け落ちるまで「成長期」「退行期」「休止期」を一定の期間で繰り返す「毛周期(ヘアサイクル)」があります。それが何らかの原因によって「毛周期(ヘアサイクル)」が正常に繰り返されないと、毛母細胞が「休止期」のまま次の「成長期」に戻れない状態になり薄毛になります。薄毛の改善にはこの「毛周期(ヘアサイクル)」を正常な状態にすることが必要です。

「髪にハリやコシがなくなり、昔できた髪形ができなくなった」「分け目が広がってきた気がする」などの現象が見られたときは、AGAなどを発症しているおそれがあります。その場合、専門クリニックを受診するなど何らかの手を打たないと薄毛は進行する一方です。

さて、この超音波ブルブルマシーンが発売されるのは楽しみに待つとして、薄毛ケアを今すぐ始めたいという方には、日本医科大学形成外科・ヘアメディカルグループの共同研究結果から生まれた、頭皮マッサージ法がある。

何気なく送っている日常生活の中にも、薄毛の要因は潜んでいます。その要因を知り、できるだけ排除する生活を心がけましょう。

アルコールを過剰に摂取すると、アルコールの利尿作用により、水分が体内から出て行ってしまい、水分不足になります。体内の水分不足によって、血流が悪くなり、薄毛になりやすくなると言われています。

昔から敵を知り己を知れば百戦危うからずと言います。薄毛についても同様で、理由を知り、自分に合った対策を行えば、薄毛を回避できたり、場合によっては髪が再び生えてくることもあるほどです。

一般的に知られる薄毛対策の用語は「育毛」「増毛」「植毛」「カツラ」だ。育毛は頭皮に栄養分を注入するなどで自毛を生えさせること。増毛は自毛に人工毛をつけるなど、ウィッグの要領で毛髪を増やすこと。植毛は人工毛や抜けにくい部分の自毛を薄くなったところに移植することを言う。

この4つの原因は、複雑に絡み合うことで抜け毛増えたり髪が細くなったりします。そのため、「我が家の家系は髪が多いから安心」とは言えず、どの人にも薄毛になる可能性があると言えます。

これが原因となる薄毛は「壮年性脱毛症(男性型脱毛症)」と診断されるものが多く、AGA(Androgenetic Alopecia)とも呼ばれています。男性だけではなく、女性にも起こる症状です。

もう1つは髪の成長が「休止期」になってしまうことです。髪は新しい毛髪を生やす「発生期」、毛髪が成長する「成長期」、成長が鈍化する「後退期」、成長が止まる「休止期」を1サイクルとして形成しています。自律神経のバランスが崩れると髪が「休止期」で止まってしまい、新しく毛髪が生えずに薄毛になってしまいます。

おすすめ記事

関連記事

noimage
noimage
noimage

薄毛

noimage
noimage
noimage
薄毛の改善は1日にしてならず
noimage
薄毛は薬を飲めば治りますか? 治療をしないと根本的な意味の解決はしないですか?
noimage
2つ目が男性型脱毛症で 男性の薄毛で一番多いものです
noimage
noimage
薄毛・AGA状態(毛髪 頭皮など)と健康状態を診察します
最近は女性にも抜け毛や薄毛で悩む人が増えているようです

Menu

HOME

TOP