そこで ここでは自宅でできる薄毛対策をご紹介します

薄毛と言っても その症状や原因は個人個人でさまざまです

毛髪には、発毛してから抜け落ちるまで「成長期」「退行期」「休止期」を一定の期間で繰り返す「毛周期(ヘアサイクル)」があります。それが何らかの原因によって「毛周期(ヘアサイクル)」が正常に繰り返されないと、毛母細胞が「休止期」のまま次の「成長期」に戻れない状態になり薄毛になります。薄毛の改善にはこの「毛周期(ヘアサイクル)」を正常な状態にすることが必要です。

そもそも、人はなぜ薄毛になるのでしょうか? 人類のたゆまぬ努力により、薄毛の理由は大きく環境、生活、遺伝の3つに分類できるようになりました。

また、女性には女性特有の薄毛の原因があります。女性の場合に多いのは、男性の部分的な薄毛と違って、頭髪全体でのボリュームがなくなるといったパターンです。抜け毛が増えてしまう男性の薄毛とは違い、女性は髪が細くなることで頭皮が見えるようになり、全体的に薄くなってしまうという特徴があります。

実は、自律神経のバランスが崩れることは、薄毛にも繋がっているのです。この理由は、大きく2つに分けることができます。

早速、薄毛の原因について理解を深めましょう!

薄毛と言っても、その症状や原因は個人個人でさまざまです。なんとなく薄毛が気になりだしたという程度でしたら、まずはご自身での薄毛予防を行うと良いでしょう。しかし、自己判断で薄毛対策を行っても、適切な方法でなければその効果はなかなかあらわれません。既に薄毛が進行していて、薄毛の進行を止めたり発毛効果を求めるのであれば専門の医療機関に相談し、正しい薄毛治療を行うことをおすすめします。また、最近では薄毛は男性特有のお悩みではなくなり、女性も薄毛に悩む方が増えてきました。女性の薄毛は男性の薄毛と原因や症状も異なります。
脇坂クリニック大阪では、無料カウンセリングも行っています。無料カウンセリングでは自分には薄毛治療が必要なのか、自分にあった薄毛治療やその治療費用はどれくらいなのかなど、薄毛治療に関する疑問点を解決していただくことができます。お気軽にご相談ください。

そこで、ここでは自宅でできる薄毛対策をご紹介します。

「髪にハリやコシがなくなり、昔できた髪形ができなくなった」「分け目が広がってきた気がする」などの現象が見られたときは、AGAなどを発症しているおそれがあります。その場合、専門クリニックを受診するなど何らかの手を打たないと薄毛は進行する一方です。

おでこが広くなる薄毛のタイプ。おでこや頭頂部など頭蓋骨が出っ張っている部分は、構造的に血流が滞りやすいと言われています。加えて、長時間のデスクワークによる眼精疲労の蓄積がおでこの頭皮の筋肉をこわばらせ、さらに血流を悪くします。すると髪の毛が生え変わるサイクルが乱れ、薄毛が進んでしまいます。

年を取ってからならあきらめもつくが、まだまだ血気盛んな20代から40代で薄毛に気付き、それこそ髪の毛も抜けんばかりに悩んでしまう男性が多いという。

おすすめ記事

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

薄毛

noimage
noimage
一方 女性の薄毛は男性よりも複雑です

Menu

HOME

TOP