さらに 抜け毛も進行し 薄毛の状態となります

続いては 女性の薄毛について 原因と対策を解説していきます

皮膚科で薄毛治療の効果が見られなかった方なども、お気軽にご相談ください。

また、脂肪分が多い食事は男性ホルモンの「テストステロン」の増加につながります。「テストステロン」が増えると「ジヒドロテストステロン」が増え、ヘアサイクルの成長期が短くなることで、薄毛になりやすくなります。

どれだけ毛がない状態の薄毛でも対応できる対策ですが、手術費用は高額です。

通常、このヘアサイクルは2〜7年で繰り返されています。健康なヘアサイクルは、長くてかたい髪の毛が抜けますが、乱れたヘアサイクルの場合、短くてやわらかい髪の毛が抜け、抜ける本数が目立って多くなります。これは、成長中の髪の毛が成長できず、ヘアサイクルが何らかの原因で短くなり、髪が完全に成長する前に抜けている状態で、これが薄毛の症状です。

続いては、女性の薄毛について、原因と対策を解説していきます。

男性ホルモン「テストステロン」が代謝により「ジヒドロテストステロン」という物質に変わると、ジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞の受容体に取り込まれ、ヘアサイクルの成長期が短くなります。成長期が短いと、細く短い毛しか生えなくなります。さらに、抜け毛も進行し、薄毛の状態となります。

薄毛の要因の一つとして、遺伝が考えられます。
しかし、薄毛の原因は多くは遺伝ばかりではなく、さまざまな要因が絡み合ってできるものです。

男女ともにカウンセリングは無料で行っていますので、薄毛が気になりだしたらお気軽にご相談ください。薄毛治療の場合、検査を行い、その人にあった治療方針を決めて治療を行っていきます。

薄毛はヘアサイクルの乱れによって起こる、というのは前述のとおりですが、ヘアサイクルの乱れの原因はまだはっきりとは分かっていません。

脇坂クリニック大阪では、一人ひとりの患者様に合わせた薄毛治療を行っています。色々な確度からアプローチするために、検査や診断を行い、患者様の状態を正しく把握し、それぞれにあわせて内服薬と外用薬を中心に、ビタミン・ミネラルなどを使用した薄毛治療と、食生活や生活習慣のアドバイスを行っていきます。

おすすめ記事

関連記事

noimage
薄毛は薬を飲めば治りますか? 治療をしないと根本的な意味の解決はしないですか?
noimage
noimage
薄毛対策として湯シャンを試しているのですが、シャンプー使用時と比べて髪が凄く…
noimage
noimage
noimage
薄毛の進行の仕方などでそれぞれに対応した治療を行うことが大切です
noimage
20代・30代から薄毛に悩まれる患者さまも少なくありません
「女性でも多くの人が悩んでいる薄毛
noimage
noimage
また ホルモンバランスの乱れによっても薄毛が進行してしまいます

Menu

HOME

TOP