手震えた初V 番記者が見た涙

手震えた初V 番記者が見た涙
<取材ノートから5 木下裕太Vに記者席も歓声> 3年前の15年は年間獲得賞金89万6948円。
これにスポンサーからの補助はあるとはいえ、とても生活できるレベルではなかった。男子ゴルフのマイナビABCチャンピオンシップ(10月、兵庫・ABCGC)で、プロ11年目で初優勝した木下裕太(32=フリー)はそんな苦労人だった。【写真】ティーショットのゆくえを見つめる木下裕太以前担当したサッカーのJリーグに、手取り月10万円の選手がいた。
冗談交じりに「それでもプロか」と冷やかされていたが、彼にはクラブが用意した寮があり、練習から帰れば3食の温かい食事も提供された。試合になれば会場まではチームバス。ぜいたくをしなければ生活に困ることはなかった。
だがゴルフ界は違う。各地を転戦する航空券などの交通費、会場までのレンタカー代、ツアー期間中の宿泊費。大口のスポンサーがいる選手以外はその費用は自己負担となり、どんなに節約しても1試合につき最低10万円はかかる。
試合に出れば出るほど、木下の借金はふくらんだ。「本当なら胸を張ってプロと言いたいんですけど。職業を聞かれるのが一番嫌でした。」
試合に出れば赤字で、稼いでもいないのに「何がプロだよ」と。
いつか、夢を見たい。その思いだけで、父淳さん(62)は、30歳を過ぎても自分の生活費すら稼げない息子にかき集めた金を渡し続けた。「もうこれ以上(家族に)迷惑はかけられないと思った。」
「ダメなら引退」。覚悟を決めて臨んだツアー出場権をかけた16年末のQT(予選会)で自己最高18位となる約5534万円。
2年前と比べると、年間獲得賞金は382倍になった。どん底を見た男の涙はきれいで、あの瞬間、記者席には歓声が起きた。10月28日、マイナビABCチャンピオンシップ最終日。
プレーオフ1ホール目で川村昌弘(25)が先にバーディーを挙げると、木下は4メートルのイーグルパットを沈めて決着をつけた。男泣きしながら「手が震えながら打ちました」と漏らした。プロとはいえ、脚光を浴びる選手ばかりではない。
いつか花が咲くと信じていても、いつまでも咲かない花もある。あの日、木下の優勝原稿を書く番記者の手も興奮で震えていた。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ 手震えた初V 番記者が見た涙

twitterの反応

封神師弟bot @h_shitei_bot

【終南山】「雷震子、おいしい桃が手に入ったよ」「うさんくせえ!」「ひどいなあ、まったく…ほいっ」「もがっ!?く、食っちまった!!」「はははー」「はははじゃねえよ!…あれ、うまいしなんともない」「桃だからね、もう一個食べる?」「…お前の分は?」「いいよ、食べなさい」「…ありがとよ」

骸雲喫茶 @6918cafe

骸「扉ぁ開きっ踏みだし~て♪夢のぉ世界へいらっしゃいぃませっ(ウインク)」 雲「…」 骸「君をぉおエスコート♪跪き~♪(雲雀の前で跪き手を取る)」 雲「……」 骸「手へと~くちづけ!(ちゅっ)」 雲「……うぇえ…っ(震)」 骸「そこはときめいて下さいよ…!」

かなみちゅ🐈🍒 @hir03chuuu

どんわな、いつもと違うかった! 顔を逸らすタイミングとか、リズムの取り方全然予想できなくて… コードの巻きつけも減ったし、途中から手から離して落ちてたし。 どんどん自分のものにしていってる感じ。 あと3回…どう仕掛けてくるんだろう🤦‍♀️震

すんドめ名言bot @sundome_meigen

胡桃(かのじょ)はボクの返事を待たず… ポケットに指を差し込み 手を入れ ボクのを引き寄せようとまさぐった 耐え難い恐怖心や心細さを感じた時の行動は人それぞれだと思うケド 胡桃(かのじょ)は ボクのそれを選んでくれたんだ ーすんドめ 3巻 第21輪 共震ー

立卓速度カップ麺級@ろびん @fesnsqrtd

部下の千切れ落ちた動かないはずの左腕がこちらに向かって手を伸ばす夢を何度も見る。俺の過失だ、あの天才の腕は、この先何人の命を救えただろうか。 そう思うと、二本の腕を持ったままであるのが許せない。 だが刀を手放すことは俺には許されない。あいつが刀を落とさない限りは。 震刀撃/軽部宗一

Menu

HOME

TOP