75歳以上医療保険 特例廃止も

75歳以上医療保険 特例廃止も
政府は、75歳以上が加入する後期高齢者医療制度で低所得者の保険料を軽減している特例を、来年10月の消費増税時に廃止する方向で検討に入った。
ともに年金収入が80万円以下の夫婦2人暮らしなら保険料は9割軽減され、全国平均で1人月380円だ。政府は現在進めている来年度予算編成で、この特例を消費増税時に廃止することを検討。消費増税による増収分を使った低所得者の介護保険料軽減や低年金者への給付を併せて実施することで、特例廃止による「負担増」が相殺されると見込む。
また、相殺されない場合でも負担増を防ぐ仕組みを早急に検討する。政府の社会保障制度改革推進本部は2016年12月、特例を17年度から段階的に廃止すると決定。17年4月の消費税率10への引き上げに伴う増収分で低所得高齢者の負担を軽減することが前提だった。
だが、安倍政権が消費増税の延期を決めたため、特例廃止も先送りされた。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 75歳以上医療保険 特例廃止も

twitterの反応

待合室に畳があります🌹 @makkoim

→これでは五十肩や慢性膝痛等も含まれてしまう。 介護保険申請から算出した健康寿命もあるんです。 要介護2以上になった歳〜65歳平均余命の期間を出すと、 男1.6年 女3.4年。 十分健康です。殆どの方…

create commons🌹 @create_commons

→これでは五十肩や慢性膝痛等も含まれてしまう。 介護保険申請から算出した健康寿命もあるんです。 要介護2以上になった歳〜65歳平均余命の期間を出すと、 男1.6年 女3.4年。 十分健康です。殆どの方がギリギリまで医療も介護も使ってない。 実際ガマンしすぎなんです。

看護学習bot 計104問 @kangobot4368

【保健医療制度の基本】 ■介護保険制度 《問》 介護保険の第2号被保険者は、□歳以上65歳未満の医療保険加入者である。□に入る数字で正しいのはどれか。 ↓↓ URL参照 ↓↓ ※看護roo!から引用

Menu

HOME

TOP