消防車の過積載 京都で相次ぐ


Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40
消防車の過積載 京都で相次ぐ
京都府内の多くの消防組織で消防車が過積載の状態になっていることが7日分かった。
残る3台は資機材を調整し、総重量を抑えたという。八幡市消防本部も、消防ポンプ車など計5台で100~500キロの過積載があった。「出動隊数が少なく、救助資機材の積み込みが増えた」のが要因という。
精華町消防本部も、救助工作車など計3台で最大730キロの過積載があった。いずれも事故はないという。現在、資機材や水量で総重量を調整しており、車検証の記載事項変更を進めている。
舞鶴市消防本部では消防ポンプ車5台で過積載があった。10月中旬~11月上旬の調査でそれぞれ100キロ前後、基準を上回っていたことが判明。資機材や水を減らし11月9日までに解消した。
同本部は「現場の判断で資機材を積み過ぎたのが原因とみられる」としている。綾部市消防本部では、消防ポンプ車や救急車など計8台が120~900キロ超過。救助資機材を車検証記載時より多く積んでいた。
現在は使用頻度の少ない機材を下ろして重量超過を無くし、記載の変更も検討している。宮津与謝消防組合では水槽付きポンプ車など5台で275~600キロの過積載があった。資機材を調整するなど対応しているが、現在も過積載の状態が続いている。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 消防車の過積載 京都で相次ぐ

twitterの反応

NewsIbaraki @NewsIbaraki

土浦市 火災等情報 2019年3月24日(日)、7時53分頃、神立東二丁目で救急支援(救急隊活動の補助)が発生し消防車が出・・・ ~土浦市安心・安全情報メールより ⇒ いばらき安全安心情報 茨城県

市川市災害状況 @ichikawa119

市川 災害 3月24日午前7時22分頃市川市菅野5丁目5番付近で危険排除活動のため消防車が出場しています。

安全ナビ@栃木県 @anzen_tochigi

07:13:59 足利市山下町、メゾン根岸(山下) 東 88m の急病救急に消防車が出動しました。 火災 火事 緊急出動 栃木県 足利市 山下町 安全ナビ

シュウヘイ @tfEXVgsUkm30Rm7

それ以外にもローラーコースターや水上自転車、乗れたり触れたりする消防車🚒3台、波状になったゴムマットのアスレチックもあり子供たちも大満足な1日でした~(*´ω`*)

島田いずみ @izumi_skywave

3月に バースデー 🎂のお子さま・お孫さまにおすすめの レゴ!🦖恐竜や乗り物系、🚒消防車やポリスも!3/29公開予定の映画「レゴ ムービー2」関連商品もおすすめです!誕生日プレゼント プレゼント …

Menu

HOME

TOP