FA西 20億円超より「誠意」

FA西 20億円超より「誠意」
オリックスから、国内FA権を行使した西勇輝投手(28)が7日、阪神入団を正式表明した。
また、背番号は「16」に決まった。【写真】報道陣に囲まれ決意表明する西慎重に言葉を選びながら、西がゆっくりと話し始めた。11月7日のFA宣言から丸1カ月。
「だいぶ長かった」と振り返った熟考期間に、他には知り得ない苦悩、苦労が垣間見える。テレビカメラ8台、約50人を超える報道陣が詰め掛けた会見。丸、浅村らFA組の大トリとして、新天地に臨む覚悟を語った。
「本当にホッとしています。阪神タイガースさんに、お世話になることを決めました」決断日に締めたのは水色のネクタイ。鮮やかなライトブルーは、苦悩の末、澄み切った心を表したものか。
11月24日以来、阪神とは3度目となる最終交渉。矢野監督が直接出馬した中、指揮官の言葉が胸に響いた。「一緒にファンを喜ばせたい」。
熱い思いに共感し、タテジマのユニホームに答えを見つけた。残留を望むオリックスを始め、DeNAも獲得に動いた中、実質の一騎打ちだったソフトバンクは、年俸4億円前後の4年、総額20億円超の契約で打診していたとみられる。阪神は4年総額10億円(金額は推定)の提示。
巨額な資金力では到底及ばない中、まさに「金額」よりも「誠意」が決め手になったようだ。「矢野監督からは「ファンを喜ばせたい」という言葉がありました。自分自身、球場に来てくれる方とともに、一緒に頑張りたいと思っていますので。
「そういう言葉が聞けて、本当によかったです」西は今季、開幕投手を務め、自身5度目の2桁勝利。10勝13敗と負け越したものの、2失点以内に抑えた登板が14試合あった。通算74勝、左手首を骨折した昨季を除けば、安定してローテを守ってきた。
11月10日に28歳の誕生日を迎えたが、まだ年齢的にも若く今後、さらに成長が見込めるのも大きな魅力だ。近日中に入団会見が行われる予定。球団からは合わせて、背番号16が提示された。
岡田彰布氏(デイリースポーツ評論家)、安藤優也(現育成コーチ)らが長く背負った伝統ある番号だ。「チームの勝利に貢献できるように、1イニングでも長く投げたいと思います」。誠意には熱意で応える。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 FA西 20億円超より「誠意」

twitterの反応

たかひろ(株) @takahirokabuu

アドベンチャー 航空券予約販売サイト「skyticket」を運営するアドベンチャー、 2018 年 12 月の連結月次取扱高が 101 億円超のお知らせ

tarou satou @kohumimetal

>報酬の問題で言えば(最大で1億円超という)報酬体系で、あれだけ優秀なメンバーが集まっただけでも奇跡的だった。民間では2ケタ億円を得ている人材だ。公的資金を扱うのだから、報酬目的で頑張るような組織にすべきではないという倫理観は分かる。

ネコチャネル!動画まとめ @7fN8dmtmyQGZa4B

なんでも鑑定団の高額評価額ランキングTOP5!〇億円の超高額鑑定結果のお宝がスゴすぎた!

いーな @iina_trader

米中もし戦わばの中で非対称兵器というのが出てきて中国の約数億円の巡航ミサイルが約1兆円の米空母を破壊する能力を持っているとか機雷も超低コストで高額な戦艦を破壊できるとか書いてあって

Menu

HOME

TOP