改正入管法 未明に成立

改正入管法 未明に成立
参院は8日未明の本会議で、外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管理法を自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。
日本の出入国管理政策の大転換となる。改正法は、新たな在留資格「特定技能」の1号は在留期間が最長5年で、家族を帯同できない。
2号は更新を続ければ長期滞在が可能で、家族も帯同できる。一方、具体的な制度の多くは法務省令などに委ねている。政府は年内に、外国人の受け入れ規模などを定めた「分野別運用方針」や、日本語教育などの外国人支援策を盛り込んだ「総合的対応策」を取りまとめる方針だ。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 改正入管法 未明に成立

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP