入管法 牛歩戦術で最後の抵抗


Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 37
入管法 牛歩戦術で最後の抵抗
出入国管理法改正案などをめぐる攻防が繰り広げられた7日の国会で、野党は審議遅延戦術を繰り広げて最後の抵抗を見せた。
森氏は伊達忠一議長の注意を聞き入れず演説を続けたが、最終的に、議院運営委員会野党筆頭理事の白真勲氏(立憲民主)に促されて降壇した。その直後の与野党理事による議場内での協議の際、議運委与党理事の大家敏志氏(自民)と白氏がもみ合いとなった。主要野党各会派は「暴力に近い形でこづいた」などと抗議し、自民党も謝罪したが、野党側は納得しなかった。
その後、自民党の関口昌一、立憲民主党参院会派の芝博一両国対委員長は国会内で会談し、自民党側が大家氏が「暴力に近い形でこづいた」ことを認めて謝罪。議運委理事を辞任することで決着したが、議事は3時間以上ずれ込んだ。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 入管法 牛歩戦術で最後の抵抗

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP