元貴親方 暴行は「言語道断」

元貴親方 暴行は「言語道断」
大相撲の前頭貴ノ岩(28=千賀ノ浦)が、付け人で三段目力士の貴大将(23)に暴力を振るった問題で、入門から今年9月の秋場所まで指導した元貴乃花親方の花田光司氏(46=元横綱)は「言語道断」と、かつての弟子を一刀両断した。
元貴乃花親方の花田氏は、新幹線で都内に戻ったところで歩きながら質問に答えた。貴ノ岩が起こした暴力については、開口一番「あんなことをしちゃったらね」と、残念そうに話した。
昨年10月に、日本相撲協会が暴力決別宣言と、暴力問題再発防止策の方針を発表した。
それは貴ノ岩の軽率な行動と、かつての弟子が再び暴力の被害者となった貴大将への思いやりが混在し「口では言い表せないこと」の意味の「言語道断」という言葉となったのかもしれない。
この日、大分・別府市で行われた冬巡業に参加した、旧貴乃花部屋時代から弟弟子の貴景勝、貴源治は、ともに真っ先に「残念です」と語り、視線を落とした。
貴源治は「この件に関しては「言い訳なし」じゃないですか。言葉はないですよね。これが貴ノ岩関の人生なんだな」と厳しい言葉も述べた。
貴源治は、双子の兄の貴公俊も暴力を振るって謹慎処分を受けた。一時の感情で暴力へと発展する愚かさを人一倍感じている。常に暴力問題の渦中にさらされてきた旧貴乃花部屋。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ 元貴親方 暴行は「言語道断」

twitterの反応

孟男 @otakesantarou

大相撲の前頭・貴ノ岩が引退。付け人への暴力が発覚し、その責任を取ることに。自身は元横綱・日馬富士から暴行を受けた被害者で、世間を騒然とさせ、その師匠・貴乃花親方が引退するに至ったが、今回は地震が加害者となっては言語道断だ。それにしても後味の悪い一連の騒動の結末ではある。🥶

Menu

HOME

TOP