天皇杯 決勝は浦和vs.仙台に


Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 37
天皇杯 決勝は浦和vs.仙台に
天皇杯全日本サッカー選手権大会の準決勝が5日に行われ、浦和レッズが鹿島アントラーズに1-0で勝利し、3大会ぶりの決勝進出を決めた。
約2カ月ぶりの公式戦復帰を果たした。鈴木優磨、セルジーニョら主力も揃って先発に入った。立ち上がりから攻勢を仕掛けたのは鹿島。
11分、永木亮太の左CKに山本脩斗が頭で合わせたが、枠をわずかに外れた。19分には内田の高速クロスに西大伍が飛び込んだが、枠をわずかに外れた。
27分、右CKを得るとキッカーは柏木陽介。10番の正確なボールにマウリシオが打点の高いヘッドで合わせ、浦和が先制に成功した。1点リードで前半を折り返した浦和だったが、後半序盤に興梠慎三が足を痛め、李忠成との交代を余儀なくされた。
63分にも武藤が倒れ込んでしまい、プレー続行不可能に。代わりに柴戸海がピッチに立った。さらに69分、青木拓矢がセルジーニョと接触した際に負傷。
阿部勇樹が交代で入った。浦和はケガで3人の交代枠を使う苦しい状況となった。両チーム25分以上、シュートがなく試合はこう着状態に。
浦和はコンパクトな守備陣形を取って、鹿島の反撃を阻止。一発のカウンターからとどめの2点目を奪いに行く姿勢を見せる。一方の鹿島は、土居聖真と安西幸輝を投入し、サイドから攻勢を強めるが、浦和の球際の激しさに前へ進むことができない。
後半アディショナルタイムにビッグチャンスを迎えたが、決めきれず。結局試合はそのまま終了。浦和が鹿島を10で下し、3大会ぶりの決勝進出を手にした。
また、もう一つの準決勝、ベガルタ仙台とモンテディオ山形のみちのくダービーは、打ち合いとなったが、最後は仙台がJ1の貫禄を見せつけ、32で勝利。初のファイナル行きを決めた。この結果、決勝カードは浦和と仙台に決定。
ファイナルは9日に埼玉スタジアム2002で行われる。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ 天皇杯 決勝は浦和vs.仙台に

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP