モドリッチ 初バロンドール

モドリッチ 初バロンドール
現地時間12月3日、フランスの老舗サッカー専門誌『France Football』が主宰するバロンドール受賞者が発表され、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが初の栄誉に輝いた。
33歳というキャリアの晩年にして個人賞三冠を達成することとなった。受賞を受けてのスピーチで、モドリッチはその喜びを素直に表した。「これは唯一無二の感情だし、何よりも誇り高いよ。」
説明するのが難しいくらいの感動が襲ってきている。まずは、みんなへの感謝を伝えさせてほしい。レアル・マドリーのチームメイト、監督、クラブで働く全スタッフ。
そして、クロアチア代表のチームメイト、監督。そして家族、妻、子どもたちに。すべての子どもたちが夢を持っている。
僕の夢は偉大なチームでプレーして、トロフィーを勝ち取れたことは誇り高い」同賞は「FranceFootball」誌が選定した世界のサッカー記者たちの投票によって決まる、年間最優秀選手の称号だ。
かつてはヨーロッパ出身者のみが選考対象だったが、その後、EU圏外の選手に資格が与えられ、さらには世界中の選手へと対象が広げられた。名実ともに世界最優秀選手を決める伝統のアウォードとして定着している同賞だが、2008年からはクリスチアーノ・ロナウドとリオネル・メッシがマッチレースを展開。一部では結果が公正ではないという意見も噴出していたが、今年は2007年にカカが受賞して以来、11年ぶりに二人以外の受賞者が誕生することとなった。
以下が、2018年バロンドールにノミネートされた30選手の最終順位だ。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ モドリッチ 初バロンドール

twitterの反応

元気3倍アンパンマン @3baianpanman

モドリッチうまwこれはバロンドール

Menu

HOME

TOP