和牛精液問題 中国で賛否の声

和牛精液問題 中国で賛否の声
日本から和牛精液が不正に持ち出され、中国に渡りそうになった事件が、中国国内で物議を醸している。
香港の大手新聞社、星島日報は自社のニュースサイトで「日本男性が和牛精液を密輸入中国税関で差し止め」との見出しで記事を基に、中国の検疫で流入を食い止めたと伝えた。
読者のコメントが投稿できるサイトには、さまざまな意見が寄せられている。北京市在住の読者は、中国の富裕層が1キロ1000元(約1万6000円)する神戸牛を好んで食べる実情も踏まえ、「中国で和牛精液が手に入れば、(中国産和牛の生産ができて)必ず日本の和牛に勝てる」と流入を歓迎するようなコメントをした。
日本で2001年にBSEが発生してから、中国は防疫のため、日本産牛肉の輸入を禁止。現在も再開のめどは立っておらず、日本の畜産物に対する警戒感が根強く残っている。こうした背景から、江蘇省の読者は和牛精液流入をリスクと捉え、「中国の母牛が災難を受けないでよかった」と安堵(あんど)する意見を寄せた。
中国の大手インターネット交流サイト(SNS)の「微博(ウェイボー)」でも、不正輸出を取り上げた投稿に300件を超えるコメントが付くなど注目を集めた。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 国際 和牛精液問題 中国で賛否の声

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP