慰安婦 合意骨抜き進める韓国

慰安婦 合意骨抜き進める韓国
【ソウル=岡部雄二郎】韓国政府は、日本政府の予算をもとに元慰安婦への支援事業を行ってきた「和解・癒やし財団」の解散を21日にも発表する方針を固めた。
財団に日本政府の予算で出資した10億円の扱いが焦点で、新日鉄住金に元徴用工への賠償を命じた10月30日の韓国大法院(最高裁)判決に続き、日韓両国は新たな懸案を抱えることになる。財団は16年7月、朴槿恵(パククネ)前政権が設立した。合意時点で存命だった元慰安婦47人のうち、約7割にあたる34人が1人1億ウォン(約1000万円)の支援金を受け取りを拒否している。
合意に否定的な文在寅(ムンジェイン)政権が17年5月に発足して以降、活動はほぼ休止状態だった。文政権は今年1月、日韓合意には元慰安婦の意向が十分に反映されておらず、合意の骨抜きを進めている。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 国際 慰安婦 合意骨抜き進める韓国

twitterの反応

はせを. @iron_klaus_

これは言いがかりでは無い、捏造でも無い、本物の「人権侵害」だ。日本が国際社会から「問題児」扱いされては、他の拉致問題や慰安婦問題、南京問題、正定事件問題、その他諸問題の解決の足枷となる。日本は早急に「実子誘拐(子どもの連れ去り)」を明確に…

政治ニュース @polinews1121

韓国、慰安婦問題解決の日韓合意を破棄か…韓国と中国、冷戦状態突入|ニフティニュース

青ハルキ2 @HKBzuG6J6T39kwL

日米との関係の悪化のリスクを流石に悟ったのでしょうか。 しかしこれだけコケにされて、こちらから膝を折ってまで関係修復する必要性は感じません。 これまでの一切を謝罪し、慰安婦・旭日旗・訴訟判決・原爆Tシャ…

♡ぽむぽむういち♡ @AnjelPet

まず御社が世界に流布した「従軍慰安婦」の嘘を謝罪せよ

この間まで高校の先生 @kkhrpen

韓国側の提案 【慰安婦問題]1円もいらない。安倍総理が謝罪すればいい。 【徴用工問題】三権分立の原則から、立法府は介入しない。政府も介入しない。

ユルハチ🇯🇵 @TNT2154

ケント・ギルバート氏の著書「日弁連の正体」は必読。日弁連の一部の主張が全弁護士の総意ではありません。慰安婦問題も徴用工問題も彼ら反日弁護士が国連で喧伝したことで世界中に広まりました。昭和27年に「戦犯の赦免勧告に関する意見書」を政府に伝…

即ニュース通信 @gumba552

【New】韓国議長「慰安婦問題、安倍総理の謝罪さえあれば1円もなくても解決できる」→続き  by即ニュース通信

青石浩一 @kouitaoisi

ジャパンタイムズ紙は 11 月 30 日付で「朝鮮半島出身労働者」と「慰安婦」の英語表現を以下のように変更すると発表しました。和訳→ ぜひ、ジャパンタイムズ紙の決断を応援するメッセージを以下か…

ぼよよんどり~む @boyoyondream

【従軍慰安婦問題と南京大虐殺は本当か?―左翼の源流VS.E.ケイシー・リーディング】大川隆法

♡ぽむぽむういち♡ @AnjelPet

慰安婦を国際問題にした朝日新聞がどの面下げてこんな記事を書くのか! 朝日新聞自らが英文で誤報の謝罪広告を出せ。

ジャーニ @curejourney

有本香「日本の周りは法の支配がない国だらけで恐ろしい」 竹田恒泰「ご近所に恵まれなかった」 日本人を拉致する北朝鮮、慰安婦や徴用工に関する国際合意を無視したり困ったら反日の韓国、尖閣諸島を狙ってきてる中国… 日本の周りの国は日本に対して…

日本大好き愛国立政会 @isuA14128

なぜ、カルフォルニアで民主党が強いのか。頭のいい中国人を刈り取ってきたからだ。 (ちなみに慰安婦像建てたのもここだからな!) リーマンショック以降、ウォール街が中国に拠点を移すと、それと連動したように、彼らは中国のために働くようになっ…

小さい秋み〜つけた。 @C2SDAX34GDjpAnr

韓国人の嘘を放置しておけば蔓延する恐れがある。慰安婦で懲りた筈であり、積極的に嘘を論破し内外に知らしめる努力をすべきだと思う。当時を知る証言者も居るのに平気でこんな嘘を絵本にして出版する。

(*´ω`*) 島崎遥香 @far9practical3

【韓国】京畿道議会、条例用語を『日本軍慰安婦』から『日本軍性奴隷』に変更する改正案を賛成多数で可決!

田中コロコ @ziwqXojnkjs6ZHP

青木理「僕は基本的に(天皇は)いるべきでないと思ってる。天皇制はあるべきでない。皇族にメディアは敬語を使うべきでない」1947年廃止の不敬罪があれば此奴は刑務所で無期懲役。韓国が慰安婦財団解散で青木「戦前戦中に日本が(韓国に)色々迷惑をかけ酷…

Menu

HOME

TOP