吃音でいじめ 男子中学生の涙


Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 37
吃音でいじめ 男子中学生の涙
吃音(きつおん)を理由にいじめを受けたとして、福井県敦賀市の市立中学校に通う男子生徒が悩んでいる。
【高橋一隆】嘲笑に涙、孤立同じ一音を繰り返したり、言葉に詰まってしまうのが吃音で、問題を抱える人の多くは「うまく話せなかったらどうしよう」という予期不安を覚える。症状を隠そうとするあまり、コミュニケーションを避ける人もいる。原因は解明できておらず、対応する医療機関も少ない現状がある。
いじめを受けたという生徒は、幼少期から吃音だった。今年春に自己紹介したとき名前を思うように言えず、周囲から笑いの声が上がったという。部活動でも孤立していたといい、「学校には行きたいけど、自然に涙がこぼれてくる」と話しているという。
この状況を踏まえて市教委に相談した保護者は、家庭訪問に今月来た担任教諭に「吃音が原因で、学校や職場でいじめや差別など不利益な扱いを受けた経験がある」とした。
「吃音への社会的理解や支援は足りていると思うか」との問いには、55人が「不十分」と答えている。「学校は閉じられた空間でもある。吃音の生徒は我慢もしただろうし、自己主張することへの難しさを感じてきたことだろう」。
NPO法人「全国言友会連絡協議会」(東京都豊島区)事務局長の斎藤圭祐さん(37)は言う。学校支援強化を吃音を「あがり症」程度に考える人は少なくなく、社会的な偏見は潜在する。学習障害(LD)などは子どもの特性に応じた教育環境の整備が進んでいるが、吃音の生徒を取り巻く状況について、斎藤さんは「市教委や校長らが本腰を入れて意識を変えなければ、改善は望めないだろう」と警鐘を鳴らす。
いじめに遭ったという生徒の保護者は「人の特性をあげつらうような偏狭な社会にしてはならない。そうしたことを学校では教えてほしい」と訴える。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 吃音でいじめ 男子中学生の涙

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP