ロヒンギャ帰還 地元整った

ロヒンギャ帰還 地元整った
ミャンマーの少数派イスラム教徒ロヒンギャ約70万人が、バングラデシュに逃れ難民となっている問題で、両国が「11月中旬に始める」とした難民帰還を前に11日、ミャンマー政府が会見を開き、「難民が安全に帰り、生活する環境は整った」と説明した。
政府側は帰還民に、米や油、1人につき1日1千チャット(約70円)の現金を支給。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 ロヒンギャ帰還 地元整った

twitterの反応

栢木 清吾 @SeigoKAYANOKI

館林でのロヒンギャ写真展について記事を書いてくださったBuzzFeed Japan News 冨田記者による、在日ロヒンギャの方たちにスポットを当てた続編。日本の難民認定制度の問題についても考えさせらえる内容です。多くの方に読んでいただけたら。@…

szkkruppe @szkkruppe

Haha, so you are an Islamophobe. Guessed as much. Rohingya genocide Burma stillBurma Myanmar ロヒンギャ ミャンマー

原キョウコ @body_wisdom

群馬県館林市に260人ものロヒンギャの人々が住んでいると知っていましたか? ミャンマーでの弾圧から逃れ、日本で難民申請をしています。しかし実際に難民認定を受けたのは20人にも満たないなど課題も山積みです。 館林に住むロヒンギャの人々を訪ね…

国矢眼 介@瞑想修行者。 @kuniyame

(他の国)人のしたこととしなかったことを見ない。その時の時代背景や善悪は関係ない。どの国でも民族浄化の過去がある、現在でも(ロヒンギャ等)。でも、自分(国)のしたこととしなかったことをだけを見る。

胡椒 @sk69show

【長谷部誠 選手、ロヒンギャ難民キャンプを訪問:DAY1】 日本ユニセフ協会大使 の長谷部誠選手が5日、バングラデシュ・コックスバザール近郊にある世界最大級の難民キャンプ「クトゥパロン・キャンプ」を訪問しました。 ・訪問レポートは➡️h…

Watts @Watts_D8

その結果貧富の差はかなり酷い事になっていて、しかし生活保護は窓口対策でなかなか受けられなくて、シングルマザーが餓死寸前の状態だったり、低所得層が連綿と広がってんのに、富裕層のやることといえばロヒンギャとか海外に寄付する事だったりな

LOTUS-MASSAGE タイナタウン @Thaina_Town

ロヒンギャ難民か タイ南部の島で男女70人拘束 | newsclip (ニュース、社会のニュース) さんから

無国籍ネットワーク @StatelessNet

館林で開催するロヒンギャ難民をテーマとした写真展のフライヤー新しくしました!今月の20日(世界難民の日)から23日までです。館林市に来れる方は是非! An update to flyer for Photo Exhibition in Tatebayashi! The exhibition will be from the 20th till the 23rd of June.

xakicox @AKICOYKT

リスペクト。 バングラのUNICEFで働く友人も同行したそうです。 長谷部誠選手、ロヒンギャ難民と交流 日テレNEWS24 日テレ ntv

Anti-Poverty @bose_economy

【ロヒンギャへの道 第16回】 「あの日の記憶―青年の証言ー」 2012年に発生したロヒンギャとラカイン人との衝突。その際に何が発生したのかを、1人の青年の証言から辿ります。後半は、記者と同世代の大…

ゆうたろう @yuutarou1975

後ろと上から見た磯村暖のロヒンギャたち。上から見ると「蓮の花」

uda @udashan

多くの質問が寄せられておりますので、申し訳ないのですが一つひとつの質問にはお答えできかねます。 とりあえず過去のツイートを参考にしてください。 まあ1つ言えば、国連ではロヒンギャを「民族」扱いしておりません。なぜ民族扱いしていないのか、リサーチすれば分かります。 他にも多々理由。

စိုင်း​​အောင်မျိုးထွန်း @1803_1815

突然失礼します。ロヒンギャ民族という表記がなぜ適切ではないのでしょうか。ロヒンギャの人々の中でロヒンギャという集団が民族であるという認識はなく、ムスリムの集団だという認識しかないということでしょうか。

ゆうたろう @yuutarou1975

磯村暖の「ロヒンギャ」が1年越しでうちに来た

日本みつばち @CXhffrXLO8yCHbC

UNHCR、ロヒンギャ難民に身分証発行 第1弾27万人:日本経済新聞

Menu

HOME

TOP