奥川7回11K 星稜コールド勝ち

奥川7回11K 星稜コールド勝ち
「明治神宮野球大会・高校の部2回戦、星稜9-0広陵」(10日、神宮球場)  星稜(北信越地区代表)が、広陵(中国地区代表)との優勝候補対決で七回コールド勝ちして、4強に進出した。
「状態もよくて勝手にボールが走っていました」。二回も2三振、三回にも2三振。3回までに7三振を奪いながら制球が良く、球数は3回終了時点でわずか30球だった。
中盤も球威、キレともに抜群で、7回3安打無四球無失点。スライダーと、今大会から解禁したフォークも交えて11三振を奪った。松坂大輔(横浜)が持つ大会記録の1試合最多14三振にあと3に迫る快投だった。
「追い込んでからは三振を狙いました。でも、三振にこだわりはありません。取りたいところで取れるようにならないといけない。」
「いつもはスライダーばかりになるけど、今日は全国大会なのでフォークを多めに投げました。低目に落ちてくれてよかったです」。今夏の甲子園では最速150キロを計測し、U18高校日本代表に2年生で唯一選出された右腕は、落ち着いた様子で試合を振り返った。
打線は四回に集中打を見せた。1死二塁で5番・有松和輝外野手(ともに2年)らも適時打を放った。
打者12人で7安打を放ち、7点を奪って主導権を握った。星稜は24年ぶり7回目の出場。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ 奥川7回11K 星稜コールド勝ち

twitterの反応

伊藤哲生 Tessei Ito @tessei_music

星稜新チーム、応援しています! 奥川抜けても大丈夫…新生・星稜が10点コールド発進!内山中心に打ちまくり(スポーツ報知)

「報知高校野球」編集長日比野 @HochiKokoyakyuH

【秋季石川県大会】奥川抜けても大丈夫!新生 星稜 10点コールド発進!内山中心に打ちまくり : スポーツ報知 kokoyakyu 高校野球 yakyu 野球

てる☆勝っても負けても阪神ファン @teru_hanshin

やっぱり星稜 内山君はキャッチャーやるんだね。 内山君のプロでの需要はキャッチャーよりショートかなと思った。 奥川抜けても大丈夫…新生・星稜が10点コールド発進!内山中心に打ちまくり(スポーツ報知)

髙島 智也 @NrDi6gl5osFSeBE

北信越大会準々決勝では星稜が松本第一に11-0の5回コールド勝ち。U-18にも選ばれたエースの奥川恭伸君は10連続を含む13奪三振の快投を見せました。奥川君は「目標は北信越大会を圧倒的な力で優勝すること」と次に向けて気を引き締めていまし…

真冬 @_awkwardphoneme

石川県大会で母校が星稜にコールドされたって聞いて、こんな弱小が星稜と当たることってあるんだなーって思ってたけど、その試合で奥川くんが最速出してて、弱小相手だけど全力で野球する奥川くんにめちゃくちゃ好感度!だった。

Menu

HOME

TOP