奥川7回11K 星稜コールド勝ち


Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 37
奥川7回11K 星稜コールド勝ち
「明治神宮野球大会・高校の部2回戦、星稜9-0広陵」(10日、神宮球場)  星稜(北信越地区代表)が、広陵(中国地区代表)との優勝候補対決で七回コールド勝ちして、4強に進出した。
「状態もよくて勝手にボールが走っていました」。
中盤も球威、キレともに抜群で、7回3安打無四球無失点。スライダーと、今大会から解禁したフォークも交えて11三振を奪った。松坂大輔(横浜)が持つ大会記録の1試合最多14三振にあと3に迫る快投だった。
「追い込んでからは三振を狙いました。でも、三振にこだわりはありません。取りたいところで取れるようにならないといけない。」
「いつもはスライダーばかりになるけど、今日は全国大会なのでフォークを多めに投げました。低目に落ちてくれてよかったです」。今夏の甲子園では最速150キロを計測し、U18高校日本代表に2年生で唯一選出された右腕は、落ち着いた様子で試合を振り返った。
打線は四回に集中打を見せた。1死二塁で5番・奥川が右越えの先制適時三塁打。
打者12人で7安打を放ち、7点を奪って主導権を握った。星稜は24年ぶり7回目の出場。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ 奥川7回11K 星稜コールド勝ち

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP