安田さん謝罪 必要性を問う声


Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 37
安田さん謝罪 必要性を問う声
万年筆が最も似合う著名人に贈られる「第15回万年筆ベストコーディネイト賞2018」の表彰式が8日に都内で行われ、万年筆を次世代に伝えるための若者代表として元乃木坂46の生駒里奈(22)がゲスト出演した。
卒業後の生活については「メンバーにもう会えないわけじゃないし、1人でも寂しさはないです。充実したいい日を送らせていただいている」と明かした。アイドルはどんなに人気グループに所属していても、卒業後は表舞台から消えてしまうことがほとんど。
アイドル界で人気ナンバーワンともいわれる乃木坂46も例外ではないが、生駒は舞台、テレビ、イベントなどでコンスタントに活動を続けている。「それは業界関係者に“生駒ファン”が多いからです。アイドル時代は一度もスキャンダルを起こさず、メンバーを叱ったりと嫌われ役を買って出て、グループを引っ張ってきた。」
センターを務めていた時に、ファンから「ゴリ押し」とバッシングされ、心を痛めていた関係者も多かった。でも、スタッフや業界関係者は真面目に努力してきた姿を知っているから「ソロでも活躍してほしい」と思っているしバックアップしている」(出版関係者)ソロとして卒業生の“光”となるような活躍を誓っているという生駒。アイドル時代に培った信頼があれば、きっとかなう時が来るはずだ。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 安田さん謝罪 必要性を問う声

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP