結核の医師診療 患者に感染か

結核の医師診療 患者に感染か
日本医科大病院(東京都文京区)で、肺結核を発病した医師がそのまま診療を続け、複数の患者が菌に感染した疑いがあることが9日、わかった。
病院によると、肺結核になったのは耳鼻咽喉(いんこう)科の教授。今年6月ごろからせきやたんがひどくなり、7月10日に結核と診断され、翌日入院する直前まで診療を続けていた。病院は、教授の診療を受けた患者ら約370人に7月下旬、検査を呼びかける通知を出し、8月に説明会を開催。
検査を続けているが、現時点で11人の患者から陽性反応が出ている。発病者は出ていない。結核に感染し検査が陽性でも、発病していなければ他人を感染させることはない。
医療従事者は結核を発病すると周囲に感染させる恐れが高い。そのため病院が定期健診を年1回することが感染症法で義務づけられている。教授は16、17年の定期健診で異常が見つかっていた。
16年ごろにすでに発病していた可能性が高いが、精密検査を促す仕組みになっていなかったという。「医師で専門家のため、ある程度自分で判断してしまったようだ」という。
今年度から呼吸器系の異常は、病院側が把握し、検査を促すことにした。結核研究所の森亨名誉所長は「個人の責任というよりは、病院がフォローすべきだ」と指摘する。
日本医科大病院の高橋浩副院長は「今後、すべての検査が終わった段階で、結果を公表することも検討する」としている。医療従事者を含む病院での集団感染は相次いでいる。国内で新たに見つかった結核患者は、17年が約1万7千人。
多くは70歳以上の高齢者だが、医師38人を含む看護師や保健師、理学療法士などの医療従事者が計534人に上る。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 結核の医師診療 患者に感染か

twitterの反応

見えない世界見える世界 @Thirdey60570412

これは色々と大変な事に 患者11人が結核感染か=発症の医師が診療―日本医科大病院 (2018年11月12日) - エキサイトニュース さんから

長嶋理晴@浜野長嶋内科 @masanaga0319

日本医大の医師、結核発病のまま診療 患者に感染の疑い:朝日新聞デジタル これは他人事ではない。 当院でも年数人結核を診断する。 僕は喘息があるので、咳が続く時はヒヤヒヤする。 定期的なレントゲンも受けているし、咳が持続する時も検査を受けるようにしています。

ニュース速報(一般紙系) @FastNewsJP_

[時事]患者11人が結核感染か=発症の医師が診療―日本医科大病院 日本医科大付属病院(東京)の耳鼻咽喉科・頭頸部外科の医師が肺結核を発症していた問題で、同病院は12日、この医師が診療などで接触した患者11人が結核の検査で陽性反応が出たと発表した。医師から感染した可…

しれくま @7xkA92MUn6hm1KQ

「教授は16、17年の定期健診で異常が見つかっていた。」のに放置とは、この医師も大学病院も、事は感染症絡みなのにどうかしている。 結核の日本医大教授、診療続け患者感染か 11人が陽性:朝日新聞デジタル …

kegasa @kegasa2007

受診で結核感染は僅か3%なのか? 意外と感染率が低いのに驚く!『教授の診療を受けた患者ら約370人に7月下旬、検査を呼びかける通知を出し、8月に説明会を開催。検査を続けているが、現時点で11人の患者から陽性反応』日本医大の医師、結核発病のまま診療:朝日新聞

東京都情報bot @news_tokyo_bot

日本医大の医師、結核発病のまま診療 患者に感染の疑い - 朝日新聞 東京都情報 天気はこちら

文鳥さん ぶんちょうさん ( ⁰⊖⁰) @komatsunotsuma

医師が結核、患者感染か 日本医大日本医科大病院で肺結核を発病した医師がそのまま診療を続け、複数の患者が菌に感染した疑いがある事がわかった。 同日時点で検査を受けた11人から陽性反応が出た。 2016年ごろから発病の可能性が高いが今年7月まで診察を続けていた。

狛江 @komaest555

結核の医師診療 患者に感染か | 2018/11/9(金) - Yahoo!ニュース >教授は16、17年の定期健診で異常が見つかっていた。16年ごろにすでに発病していた可能性が高いが、精密検査を受けていなかった。 もうこういうのも医道審議会で業務停止の審議すべきだとおもうの。

Menu

HOME

TOP