パーキンソン病 初のiPS移植


Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40
パーキンソン病 初のiPS移植
京都大は9日、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った細胞を、神経難病のパーキンソン病を患う50代の男性患者の脳に世界で初めて移植したと発表した。
手術は約3時間で終わり、脳出血などはなかったという。今後、移植した細胞が神経細胞になってドーパミンを出し、パーキンソン病の症状を和らげるか効果を確認する。
効果を確認するまで約3年かかり、2022年度までに全員の治験を終える計画となっている。治験は、国から医薬品や再生医療製品として承認を受ける目的で医薬品医療機器法に基づく厳しい基準で実施される。
京大は22~23年度ごろの承認を目指している。iPS細胞の移植は目の難病治療の臨床試験でも行われている。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 パーキンソン病 初のiPS移植

twitterの反応

Gaz(ガズ) @gazooblog

他人のiPS細胞を移植する臨床研究経過を発表 ・5人に移植し、1年たった段階での経過は良好 ・損なわれた目の構造が修復できたことも確認 ・2022年度の実用化を目指している ・パーキンソン病や脊髄損傷、角膜の病気も臨床応用

Lily2 @ituna4011

他人のiPS移植「実用化へ7合目」 理研、術後良好 《5人に移植し1年たった段階での経過は良好で、安全だと確認》《理研などが初めて人に移植する臨床研究に着手した目の難病「加齢黄斑変性」は、治験が始まったパーキンソン病と並んで先頭を走る。》

藤枝梅安 @nakamuraotokich

【黙過 (文芸書)/下村 敦史】心臓移植、パーキンソン病、ひき逃げ、贈収賄、などの事件・事案を採り上げ、臓器移植、異種臓器移植という難しい問題にそれぞれが一応の解決を見せるような4篇。その4篇の… → bookmeter

ドンキー@お金の勉強中 @donkey_indoor

【他人iPS細胞移植の安全確認】 ポイントは、 ・iPS細胞から育てた網膜の細胞を難病患者に移植し、経過良好。 ・大日本住友製薬は2022年の実用化を目指している ・パーキンソン病や脊髄損傷、心臓や角膜の病気にも応用に向けて始動している 先進医療で、難病患者が1人でも多く救われる世界へ

デーモン @M_Daemon_

【市況】などisヘリオス 理研などが初めて人に移植する臨床研究に着手した目の難病「加齢黄斑変性」は、治験が始まったパーキンソン病と並んで先頭を走る。iPS細胞の臨床応用で世界をリードできるとの期待が集まっている。

🐧SakuraJP🌷 @sakurajp5

他人のiPS細胞は京都大が備蓄しており、患者本人から移植ごとにiPS細胞を作るよりコストと時間が大幅に削減できる。このため、パーキンソン病(京大)や心臓病(大阪大)、脊髄損傷(慶応大)などの治療計画も進んでいる。

カイエン@日々感謝の気持ち☀️ @FaL5ons

□最終ゴールは自己iPS細胞を用いた再生医療 14年加齢黄斑変性患者にiPS細胞由来の網膜細胞を移植する臨床研究が行われたのを皮切りにパーキンソン病や重症心不全、脊髄損傷等様々な疾患・障害に対する臨床研究が進んでいる。再生医療は臨床現場をどのように変えていくのか。

kokapi @kokapi

もう一点、終了したのは自家細胞(自分の細胞を使って作った網膜を移植)での研究で、他家(保存した他の人のiPS細胞)での細胞移植はパーキンソン病や心臓病での研究が行われています。安全かどうかがまず第一(どんなお薬も同じです)で、実用化するかどうかはその後のお話ですが。

Menu

HOME

TOP