雄星 7年67億円超の争奪戦か

雄星 7年67億円超の争奪戦か
【カールズバッド(米カリフォルニア州)7日(日本時間8日)=四竈衛、斎藤庸裕】ポスティングシステム(入札制度)でメジャー移籍を目指す西武菊池雄星投手(27)について、代理人を務めるスコット・ボラス氏(66)が、猛烈に売り込んだ。
日米メディア、総勢70人以上が詰めかける中、菊池について「左腕はメジャーではプレミアム。FA市場で最も速い球速を持つ投手の1人だろう。需要は高い」と市場価値を表現した。
左腕の希少性から、06年にボラス氏が代理人を務めた松坂(現中日)の契約(6年5200万ドル(約67億1000万円)以上での争奪戦となりそうだ。最速158キロの快速左腕は、16年から3年連続2ケタ勝利。
彼の価値をアピールできることを楽しみにしている」と胸を躍らせた。現時点でレンジャーズ、ドジャース、フィリーズ、ブルージェイズ、マリナーズ、ダイヤモンドバックス、レッドソックス、ジャイアンツなどが興味を示している中「成長過程のチーム、優勝争いできるチーム、全てのニーズに合う」と、まくしたてた。松坂の契約をまとめた時と同様、細部の条件にもこだわる。
家族の岩手・花巻~米国間の年2回、ビジネスクラス以上での渡航費用や、専属通訳と専属トレーナー。住居や車の手当てなども求め、日本人選手の活躍しやすい環境を整えたい考えだ。ポスティング申請の締め切りは12月5日で、メジャーのFA選手の動向をにらみながら、どのタイミングで申請するかも重要となる。
「それはライオンズに委ねられるが、こちらでもできること、要求などを伝えて我の見解を理解してもらいながら、決定していくことになるだろう」とニューヨークポスト紙が報じた。検査後に帰国。
その後、時期を見計らってポスティングの手続きを進めることになりそうだ。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 雄星 7年67億円超の争奪戦か

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

使用キーワード: 雄星 億円超 争奪戦

使用代替キーワード:

Menu

HOME

TOP