はやぶさ2 探査ロボに不具合

はやぶさ2 探査ロボに不具合
小惑星「リュウグウ」を観測中の探査機「はやぶさ2」が来年7月ごろに地表に投下予定の小型ロボットに不具合があることが8日、分かった。
重力の小さい小惑星表面での移動方法を実験するため、4種類の移動装置やカメラなどを搭載した。不具合は機体の情報処理に関するもので、平成26年10月ごろに見つかった。同年12月の打ち上げまでに解決しなかったが、復旧の可能性があることなどから宇宙航空研究開発機構(JAXA)と協議の上で、はやぶさ2に搭載して地球を出発した。
その後、リュウグウへの航行中に動作確認を3回試みたが、復旧していない。
開発責任者の吉田和哉東北大教授は会見で「100計画通りに動かすことは難しくても、通信機能を生かし科学的なデータを得たい」と話した。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 はやぶさ2 探査ロボに不具合

twitterの反応

moin5re 屯山灯伯 @moin5re

「イギリスの原発は韓国が」とか「はやぶさ2:小型探査ロボ不具合 撮影や温度測定不可能か」とか、は、誰も言及しない。..

ぱっぱらぴー(相互フォロー頑張る犬) @pa_pa_ra

NEWS 『はやぶさ2 探査ロボに不具合』小惑星「リュウグウ」を観測中の探査機「はやぶさ2」が来年7月ごろに地表に投下予定の小型ロボットに不具…

izumi4_e @izumi4_e

はやぶさ2搭載ロボに不具合、予定の観測困難に  トラブルが起きたのは、はやぶさ2に搭載された3台の小型探査ロボ「ミネルバ2」のうちの1台。14年12月のはやぶさ2打ち上げ当初から、電気回路が正常に作動しない状態が続いている。

Menu

HOME

TOP