年越しそばに暗雲? 原料高騰

年越しそばに暗雲? 原料高騰
湯気と共に広がる、だしの香り。
そば粉は、北海道産とアメリカ産をブレンドしたもの使っている。このそば粉の原料となる、国産のそばの実の価格が高騰中なのだ。取材で訪れた長生庵の松本憲明さんは「1kg当たり150~200円値上がると聞いているので、これからどうしようかと対策を取ろうかなと思っている」と話す。
そばを取り扱う商社によると、平年の価格は45kgで1万4000円ほど。ところが今年は2万円を超え、例年の15倍ほどに上がっているという。長生庵・松本憲明さん10月入ったぐらいで新そばは入るはずなんです。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 年越しそばに暗雲? 原料高騰

twitterの反応

god @godcn

美国200多年历史,从华盛顿到川普共产生45任民选总统,没有一位是被武力推翻的,如今国强民富。而中国五千年的历史,没有一位执政者是由人民选出的,每一次的改朝换代始终没有走出血腥的循环,打跑了旧皇帝又迎来新皇帝,给人民带来深重的灾难。如今…

茹(アメすこ) @kinoko_maguro

なんかすごく年越蕎麦が食べたい。今すぐ大晦日にならないかは

閩越復興會(HKM/RHA) @Hokkienism

這是1938年為抵抗自費跨海剿匪的日本帝國陸軍進逼重慶,吳越中華主義者蔣介石重慶政府命走狗一把火燒掉的湖湘利亞人千年古城—長沙前後殘留照片。 我們可以從這些黑白照片窺探長沙這座千年古城當時的繁榮

沒有人 Oliver @saloonvm

再來說個故事 在屏東之前有一個養石斑的大王 因為中國的邀約 鄉里勸他不要過去 到對岸投資養石斑 頭幾年 很意氣風發 一堆中國教授 跟前跟後跟著學習怎麼養石斑 也確實賺到錢 養殖池越開越大也越多 結果有一天這麼巧就是他那一區突然停電 停電馬達無法打氣 石斑全部死光 結果賺的連本帶利都賠光

秋风 @soulpassenger

毛畜当政,1962年中印战争后,印度强占12万5千平方公里国土;中业岛1971年被菲律宾侵占;西月岛1963年被菲侵占;马欢岛1970年被菲侵占;费信岛1970年被菲侵占;南钥岛1968年被菲侵占;景宏岛1973年被越南侵占;鸿庥岛1973…

Tzuheng Liu @TzuhengLiu

"這次選舉不僅確立了川普這兩年進行的衝突路線,也清走大部分的共和黨內反川普派,共和黨已經定於一尊。但相反的,民主黨這次期中選舉不如人意,反而更凸顯了民主黨路線不明,以及黨內衝突將越演越烈的問題。".....^^

はまなす鎮 @hamanasuchinnjy

>ん?お?っとお~ 2年で5億。 2.5億/年 いいじゃん。本当ならもっと上でも良い位。 だけれどもようやく中田越の選手出てくるかな。

莺歌燕舞 @enalotzer6g6

越接近年底,不跨年的联赛越接近尾声,告别的气氛也就越浓。短短一周之内,两位昔日名将范德法特和阿尔沙文先后宣布了退役的消息,继续提醒着我们,属于那个年代的球星正在一个个离我们远去

学習用bot @qnonsense

元々現地では「カタシロ」と呼ばれていた、伊豆半島南部で冬至の祭礼の折に魚肉で作られる神像のことで、現在では開国後に同地を訪れた西洋人たちによって付けられたラテン語の「はんぺんの偶像」を意味する名で広まり、同地における「年越御祭」の名に取られていることでも著名なのは何?

ㅤ あ 、 @IIIInk7

稲⌒荷※崎 二 年 七 番 かなり気分屋な所があり返信は不定期で日跨ぎや数日間しない事もあるその場合催促歓迎。誰であろうとも車道側を行くのは譲らず其方が折れるまで攻めるのみ。三大欲求は強く睡魔には逆らえず寝落ち常習だが主な浮上時間は夜。蜜事前提の為未成年不可、此方操縦士廿越 〆

issy @0591a1

今年も紅白→ジャニーズカウコンを観て年明けを迎える。 父は仕事・弟は友達と出かけるだろうし、また母娘で年越。笑

奇想派作品bot @kisouha_bot

長澤蘆雪〈富士越鶴図〉一幅/絹本墨画淡彩/157.0×70.5cm/1794(寛政六)年/個人蔵

拥抱文明 @iIeOdzYtk6CxyOJ

产信息越多言论就越自由?按这逻辑,印的钱越多就越富有喽?!那中共还不赶紧印钱,一年印个几万万亿人民币!人人都是富翁了哇!

Jed Wang @besimplify

这公司近6年在通往垃圾这条道上越走越黑,已经丧失制作“主流玩家想要的内容”的能力。

David Wong 黄培根 @DavidWongKW

Pelawan区州议员黄培根的2019年砂拉越财政预算案辩论 - part 2 Pelawan State Assemblyman David Wong Kee Woan Budget Debate in DUN SARAWAK NOV 2019 - part 2

Menu

HOME

TOP